ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハチクロ#16。今週も感想と行きたいと思います。

先週に引き続き真山スペシャル続行中です。
真山→理花さんのパートは何回か節目があって、
ここらが二つ目くらいの山なんですよね。
藤原デザインをやめて原田デザインに押し掛ける、と言う。
藤原デザイン分裂時の人事異動でナイスな振り分けをした
野宮&美和子さんの真山に対するちょっと歪んだ愛情と言うか、
ぶっちゃけ理花さん救済措置、というかいい感じですよね!
いい先輩たちでございますよ、真山君!
そして、浅井さんの言葉から、理花さんの真山に対する想いって言うのが
はじめてはっきりとわかるところだと思うのですよ。
今までも、修ちゃんとの会話など少々は見え隠れしてたんだけど
やはりここですよね。かなり絶望的なあゆ→真山や、
竹本→はぐに比べると真山の片思いって言うのは
一番両想いになる可能性があるんだよなあと言うのがわかって来ますよね。
とにかく「全員が片思い」っていうのをかかげて
お話が展開しているハチクロですが、その、それぞれの片思いが
どういう形で完結するのか…
その思いを最後まで貫いて遂げられるキャラもいれば、
遂げられずに終わるキャラもいるんだろうなと
漠然と思うようになるんですよね。
だからこそ、最近のテレビドラマにありがちな、「どうにもならない」
と言うラストの可能性も俄然高くなるわけですよ。
完璧に決着がつかず、もしかしたら何とかなるかも、的な?
けっこうテレビドラマの最終回でそれをやられると
ええー?って感じで思わずブーイングしたくなるんだけど…
ハチクロの場合は許せるかもしれないなと思うんですよねえ。
どうだろうね?原作はともかくとして、アニメのラストはホント気になる。

話がそれたので#16の感想に戻ります。
こうして真山は藤原デザインをやめて原田デザインに移ったわけですが
それを聞いたあゆは当然ショックで…と言う感じでお話が進み、
さらに、浜田山商店街3代目の会の皆さんのあゆへの想いも
同時に爆発。あゆは同時に4人からプロポーズを受けるという展開です。
今回はギャグパート少なめで真山、あゆ、それぞれの想いを
突っ込んでいく感じでしたよね。
特に、知り合いのお兄ちゃんたちから一斉にプロポーズを受けたことで
今まで真山があゆに対してどんな風に思っていたかと言うことに
気づいたあゆっていうのが原作を読んだときも
すごく、すごく切ないと言うか辛いと言うか…
あの、修ちゃんと話している時にはっとした瞬間て言うのかな、
あれが何とも言えずにぎゅーっとするんですよ…
そのあとの、屋上での修ちゃんとあゆの会話と、
そのあとの修ちゃんのモノローグ、それがとても印象的なんです。
原作まんまのあのモノローグ。
「3つめの答えを僕は口にしない」
これ、ここ。本当に印象に残ってて、アニメで藤原啓次さんの声で
このモノローグを聞いてなんだか泣きそうになりました。
原作を読んだときも3つめの答えについて考えました。
今でも考えてます。そして、修ちゃんの言う通りだなといつも思うんです。
こういうアドバイスをくれて、若い5人を見守る
花本修司と言う存在は彼らにとってなんておおきな存在だろうと思うのです。
修ちゃんがいることで彼らはより成長してゆけるのだろうなと。
こっちに行け!とかこう進めという「こうしなくちゃいけない」って
アドバイスは決してしないけど、若さ故に色んなことが見えなくなって
道に迷ってしまう彼らをさりげなく導く修ちゃんは
なんて素敵な大人だろうとしみじみ思います。

今週でとりあえず真山スペシャルからは一時離れて
多分来週から竹本君へお話がシフトして行くはずですね。
その伏線が今週既に張られていて、ギャグパート扱いだった
修ちゃん@命名番長による『青春の塔』。
何度も言ってますが、ハチクロキャラの中で一番感情移入してしまうのが
竹本君なんですよね。ってゆーか、もうね、大学卒業した直後の
自分を見ているような気分になるんですよ、竹本君は。
この先、どんどんそう言う竹本君になってゆくので
いろんな意味で見るのが辛い。
けれど竹本君が抱えている悩みとかもやもや感て
誰でも持っているものだと思うんですよ。
竹本君がそれを乗り越えてくれれば、すごくみんな救われると思うのです。
まだアニメでは先の話だけど、自転車に乗ってアパートを飛び出した彼が
北の果てまで走ってゆき、ある答えにたどり着いた時
私は本当に救われました。いつか出口は見えるんだよな、と。
色んな悩みとか、苦しみとかたくさんあって
そう言うのを私自身何年も抱えてきて、今現在も
それを乗り越えたとは決して言えないけれどだからこそそう思ったんだと思います。
いよいよ、そこに突入して行くんだなと今からドキドキしてます。



『青春の塔』、それはまさに竹本君自身です。
ハチクロ / 01:30



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。