ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えと、16話と17話の感想でさんざん色々言いましたが
地球へ…18話の感想です。

まあ、そのなんですか。
言った通りなんですよ。私が地球へ…という物語の中で
ひょっとしたら一番重要なんじゃないかと思ていた瞬間が
すべて無かったことになってしまったのでとにかく萎えました。
17話の冒頭でブルー、ジョミーとともにメギドシステムを止めた
ナスカの子供たちが18話ではほぼ青年の姿になって登場しましたね。
トォニィのジョミーへの心酔ぶりはまあ原作通りなんだけど
他の子たちの立ち位置が微妙ですね。
人間と対立するミュウ、しかしそのミュウの中でさらに孤立する彼ら。
他のミュウ達に無い力を持っていて、さらに精神は子供のまま
体だけ大人になってしまったので非常にバランスが悪い。
そのバランスが悪い彼らを本来ならば守ってやるはずのジョミーが
というか、絶対本当ならそうするはずのジョミーがあえて酷使し、
人類を責め立てる、というところなんですが。
今までも確かに積極的に仲間たちのためにジョミーは
新しい行動を起こしてきたけれど、今回のジョミーの行動と言うか作戦は
私がさんざん文句言ったナスカの最後があってこそなのに
アレがかっ飛ばされてこの展開ではあまりにもちょっと…
ただただジョミーが強引になってしまっただけのように見えてしまって残念です。
ジョミーが何故変わったか、どういう思いでミュウの長として
突き進んでゆくのか。
それまではどこかまだ少年の面影を残していて、
いろんな意味で前向きで、明るかったジョミーがガラッと変わる訳です。
そりゃもう別人のように。だけどそこが弱いんだよ~
もう仕方が無いのか。こうなってしまったんだから。
一番重要な肝を外されたんでどう見守っていいやら苦しいところですが
テレビならではのスウェナとのからみ何ぞもありそうなんで
そちらの方向性で楽しめるように思考回路を切り替えないと行けないですね。

テレビならではと言えばセルジュは相変わらずキースにくっついてるようです。
セルジュ~
こないだ風と木の詩とは!という話を久々にしたら
無性に読みたいです。読みたいぞ、読みたいぞ!!

キースもな…ふう…
テレビのキースはあまりにも非人間的すぎてちょっと悲しい。
シロエのピーターパンの本とシロエが残したチップがわざわざ出てきたのに
まだキースの誕生の秘密を引っ張るらしいです。どんだけだよ。
この真実にキースがたどり着いた時、
テレビのキースはいったいどんな反応を示すのか。
今現在の比人間ぶりからすると…どちらかに振り切れるしかなさそうだ。
どっちになるんだろうね?

あ、それと、ネタばれるけどナスカの最後で原作では
ジョミーはいわゆる五感の機能のほとんどを使うことをやめてしまうワケですが
長い長い戦いのあとに訪れるキースとの再会のシーンが
違った感じになっちゃうのが悲しい。
あの時の二人の会話とかかなり好きだったんだけどな。

ジャンル:アニメ・コミック - テーマ:地球へ…

映像受信箱 / 23:05



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。