ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬ドラマの総括です。
見ていたような、見ていなかったような、中途半端でしたね…
今回は終わった順番を忘れてしまったので放送開始順です。

『花より男子2』(リターンズ)(金曜10時/TBS)
前作の続編ということでどういう風になるのかなあと思ってたら、
リターンズは原作のエピソードを生かしつつもオリジナルの設定を盛り込んで
最初のシリーズとはまた違ったなかなかいい作品になってました。
何か急遽ラスト2話はファン投票で人気の高かった原作エピをやるとのことで
道明寺記憶喪失と雪山遭難を盛り込んできましたがよくまとめたなーと思いました。
しかし記憶喪失エピで登場する海ちゃんのヤな女加減が、
原作を上回る嫌さで海ちゃんを演じた戸田ちゃんは
イメージ悪くなっちゃうじゃないかと本気で心配しました。
いや~ヤな役ってすごいよね。

ヒミツの花園』(火曜10時/フジ)
私はこのドラマ嫌いじゃなかったです。結構楽しんでみてました。
内容的には物珍しくも、ひねりもなかったんですけどね。
4兄弟のめちゃくちゃさとか、漫画編集のこととか見てて面白かった。
特に気に入ってたのは真矢みきさんと寺島進さん。
特に真矢さんのテンションの高さはすごかった…

ハケンの品格』(水曜10時/日テレ)
このクールでは一番楽しみに見てたドラマでした。
大前春子の不遜な態度、そしてその彼女と東海林の意地の張り合いと
毎週なかなか笑わせてもらったし、すかっと気持ちよかったです。
また、小泉孝太郎が非常にいい役をやっていて、
彼は彼で何かを確立したように思いました。
anegoとかより好きでした。単発続編とかあってもいいかも。

拝啓、父上様』(木曜10時/フジ)
何か大事件が起こるわけでもないという非常に倉本聰的なドラマでした。
一平のモノローグはまるで純でしたが、神楽坂の町並みや
老舗の料亭の雰囲気や人情味のある人間関係など感じのいいドラマでした。
最終的に老舗料亭坂下の閉店に向けて話が進み、そのことが原因で
おかみさんが認知症になるというなかなかヘビーな展開でしたが
八千草薫さんのかわいらしさと、深刻な話と同時進行して
一平の間抜けなおばかな色ぼけの様子も描いているので
なんでかくらい感じにならなかったのが印象的です。
そして、結局最初から気にしていた『父上様』が誰なのかはわからず
結局のところ、誰が父親であるかはたいした問題ではなかったというオチでした。
ホント、普通の話でしたねー

華麗なる一族』(日曜9時/TBS)
面白かったです!社会派、固めのドラマが意外と好きなので
なかなか満足度が高かった。完成度の高い作品をありがとう!
毎週毎週繰り広げられる鉄平と愛人相子さんのバトルも面白かったし。
けれど矛盾というか不満もちょっとあるんですよねー
なぜならば、結局鉄平は大介の息子だったのにどうしてわざわざ
じいさんは自分の愛人に妙なことを言うのか、とか
そもそもまず、なぜ息子の誤解を招くような行動をとったのか
ということがなんで?と思ってしまう。
人格者のじいさんのちょっとした冗談というかお茶目だったのか?
『公家の女の肌は~』のくだりはさ…ちょっと息子をからかっただけだったの?
あと、そんなに誰の子なのかということが疑わしいなら
もっとさっさと血液検査をしてみなかったのか、とかね~
原作でどのように書かれているのか知らないのでまあ、何とも言えないですけどね。
それからどうでもいいことですが、製鉄=鉄平、銀行=銀平に気がついたときは
すみません、爆笑してしまいました~

番外編
『エラいところに嫁いでしまった』(木曜9時/テレ朝)
1話を見なかったので最初には触れてませんが、その後何回か見ました。
ドタバタだったけど谷原の情けなさがよかったです。

『東京タワー オカンとボクと時々オトン』(月曜9時/フジ)
こちらも1/3ほど見ましたがもこみち版は大泉版やオダギリ版と違って
あまり原作を踏襲していないのかなー?というかんじでしたね。
オリジナルな設定も多かったみたい。ウサギの名前もゴジラだし。
彼女の名前も設定も違ったみたいだし。
けれど、倍賞三津子さんのオカンはすばらしかったなあ。

『今週、妻が浮気します』(火曜9時/フジ)
こちらも1/3ほど見ました。
思ったよりもコメディとシリアスの割合が絶妙だった。
ただ、最初に思ってた話とは違った。そうなんだ、という感じでした。
キャストは嫌いじゃなかったですね。ともさかりえがよかった。

ハゲタカ』(土曜9時/NHK)
こーれーは、面白いドラマでした!
冬クールドラマではないですけど、出来としては1番と言っても過言ではない。
NHKはこういう固いドラマとらせるとうまいですね~
キャスティングも最高だったし、ストーリーも面白かったです。
たったの全6話だけどすごく見応えがあった。
ラスト2話の鷲津がすっごいよかった~
大森南朋と松田龍平の対峙がドラマチックでね、いや、よかったよ!

以上総括でした。
えー、番外編として最初は触れなかった3本に付いても軽く
感想を書いてみましたが、逆に『演歌の女王』は3回で見なくなりました…
うーん、女王シリーズとして期待してたんだけど今回のは不発だった印象。
それでもほかに見るものがなければ見たんだけれど
とにかくハゲタカを見てみたらこちらが良すぎてね…
突出してよかったのはとにかくハゲタカくらいで後はどっこいどっこいで
好みの問題って感じのクールでした。

さて、次の春クール。
申し訳ないけど楽しみなのがほとんどないです…
とにかくフジのドラマはどれもぱっとしない。
唯一菅野美穂好きとして『私たちの教科書』は見ようかと思ってるけど
月9も火曜の2本も全く興味がわかないのねー…
ほかに見ようと思っているのは、水曜10時/日テレ『バンビーノ』、
金曜10時/TBS『特急田中三号』、土曜9時/日テレ『喰いタン2』、
そして唯一楽しみな金曜ナイトドラマの『帰ってきた時効警察
てなところでしょうか…火曜10時/日テレの新枠『セクシーボイスアンドロボ』、
木曜9時/テレ朝『ホテリアー』、金曜9時/テレ朝『生徒諸君 教師編』
の3本は検討中って感じです。なんか、書き連ねてみても地味ですね…
何かメッケモン!というようなドラマがあるといいのですが。

以上、2007年冬ドラマ総括を終わります。
映像受信箱 / 18:33



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。