ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どろろ (1) どろろ (2) どろろ (3)









柏の葉ムービックスで鑑賞。
いきがてらLC-Aとホルガでプラプら写真撮影をしながら徒歩で行ったので
ネットで予約していた時間ギッリギリになっちゃいました。
が。ネット予約は素晴らしいね…自動発券機でカード突っ込んで
予約番号を入れればするっとチケットが出て来てそのままモギリに行けるんだもの。
そんなかんじでどろろ鑑賞です、では感想。
(上のは一応私が持ってる原作。コンパクトだからやっぱ文庫が好き。
手塚先生の漫画は文庫でも前々圧迫感なく読めますよ!)


私の個人的な思い入れとしてどろろ手塚治虫作品の中で
最も好きな作品のひとつです。ブラックジャックと並ぶ本当に好きな
譲れない作品であります。まず、そのどろろを実写化と言う時点で
一瞬ドン引きしたんですが…今の技術なら映像化出来なくもない、
だからそう思った瞬間ちょっと楽しみにもなりました。
なんで百鬼丸が妻夫木聡で、どろろが柴咲コウなんだろう…とも
すごくすごく思ってたんだけど、作品を来てキャスティングにも納得。
たしかにあの作品世界観において別の役者さんのキャスティングでは
あり得ないかもな、とそう思いました。
だからなんというかね、手塚先生の原作をまんまその通りに
映像化されてるってわけじゃ全然ないんだけど、
今現在あの物語をあの手法で見せるための最善のアレンジが加えてあるのだなと
そういう風に思いました。

実際、どうして?と思ってたのに見てみると妻夫木はとても百鬼丸だったし、
柴咲コウもどろろ見えた。特に、どろろと言うキャラクターは
原作とはずいぶん違うけれど妻夫木百鬼丸とのバランスは流石。
いつもわりとテンションが低ーい感じの柴咲コウとは全然違ってて、
そこまでやると過剰演技にも見えかねないくらいはじけっちゃってるわりに
自然に馴染むというか…彼女は不思議な女優さんですねえ。
もう、画面の影かと言うくらいくら~い感じからはじまる妻夫木百鬼丸も
どろろとであって、魔物を倒して身体の一部を取り返すと、
徐々に明るく、生き生きとよみがえってくる感じが可愛いのです。

後この映画がとにかくすごいのはVFXとアクションですね。
百鬼丸と魔物のバトルシーンのアクションと合成がすごいっすね~
アクションレベル高いですわ、これ。すべてのアクションタイプが違う。
さすが、中国の一流殺陣師、いやいやアクション監督さんですね。
ワイヤーアクションをたくさん使ってるのにあんまりワイヤーっぽく感じないのが
私は技術かなと思いました。お、今引っ張った、見たいにあんまり思わないの。
魔物たちが面白いです。デザインとかすごくステキ。
マイマイオンバとその幼虫とかインパクト大!何せ、マイマイオンバの顔
土屋アンナだから!(笑)同じエピに登場する巨大胎児もすごいです。
あと、百鬼丸の仕込み刀の腕とか身体の一部が生えてくるCGが
またシンプルにすごいよね、本当に。色んなことが可能になりましたね…
あとあと、最後の景光がすごいかっこいいの!中井貴一似合い過ぎ。

ですから、ホント楽しかったです、質の高い映画作品として。
手塚治虫原作『どろろ』の映画としてどうこうってよりも
邦画のレベルがとにかく高くなったことが伺えるいい映画です。
海外でも上映することが決まっていると聞いてますが
こういうのはどんどん海外でやってもらいましょう!
日本人のスピリットが感じられる上、レベルも高い、海外でこそ
あたりそうな題材だし、日本人としてみてもらいたいです。
(原作のどろろも絶対に読め!って思ってますけどね)
こういう言い方してるので実はあんまり認めてない?
見たいに感じるかもしれないけど、それはそんなことも無いです。
寿海と百鬼丸のシーンとかかなり好きですし。
ブラックジャックの奇形膿腫と同じくらいドキドキするシーンですよね!
手塚先生の作品は生と死と魂を扱っているものが多いと思うけれど
中でも強く感じるのが私の好きなこのどろろとブラックジャックだと
思うんです。百鬼丸とピノコは実はとっても良く似てるって思ってんですけど。


話がそれましたね。
でも、ここに書いた以外にも楽しめる部分が本当にたくさんあるので
なかなかおススメの映画です。
劇場に子供客も結構いたんだけど、子供、見るといいよ!
私はDVDでゆっくり落ち着いてもう一回見たいって感じですね。
なんでかというと、画面上であれ?って気になるところがいっぱいあったの。
でもそういうのって劇場で見てる時なんかは容赦なく過ぎて行く。
だから自分で引っかかったところで自由に止められて、
何度でもリピート出来るDVDと言うメディアで見たいなと思ってます。
ソフト化されたら買うかどうかで現在検討中です。



ところで、これだけ好きを連発していながら、どろろの原作を
もう数年読んでおりません。どこかにあるはずだ…
だから原作もはっきりと覚えているわけじゃないんですよね。
実は印象だけで比べてたりするので正当じゃないかもしれないんですけど。
探し出して映画を忘れないうちに読んでみようと思います。
あとね、くだらないツッコミ。
心臓無かったら生きてないよ!!と思わず…(笑)
肉芋虫状態の赤子百鬼丸を見ていてついつい突っ込んでしまいました。
ご、ごめんなさい…原作でも心臓無かったんだっけ…無かったかなあ。
映画では一番のクライマックスで戻る部分だしねえ~

◆何か感じたらクリックお願いします◆

ジャンル:映画 - テーマ:どろろ

映画 / 15:33



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。