ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

10 | 2017 / 11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近mottoというブランドにハマりました。これも故にハチクロのせい(笑)せっかく近くにショッブがあって、今日まで冬バーゲンだったので行ってみたんですが、最終日なんでこれと言うものが残っておらず、定価販売のクルミハンドと言うバッグがスンゲエ欲しかったけど高嶺の花なのでとりあえず仕事が始まってお給料が入るまでは我慢、もしくは夏ボ一括が使えるまでは我慢!としょんぼり帰ってきました。
で、家に帰ってから試しにヤフオクをmottoで検索したら今年の福袋が出ていたので冗談めかして入札したら落札出来てしまいました…びっくり。ま、まあね。普通に福袋買うよか高い値段にはなってるけど、入ってる品物の金額考えたら半分以下だから…よ、よかったことにする、するよ…げくげくげく…あとは自分の好きな感じの物が入っていることを願いたいです。

そんなわけで2007年も物欲まっしぐらですが恒例のドラマファーストインプレッションです。出だしに無関係なことをだらだら書いてすんません。(放送開始順なり)

花より男子2(リターンズ)』(金曜10時/TBS)
花男ドラマ第2弾です。続きそうな終わり方だと思ったら来ましたね~前作をああいう風に終わらせたのでどうするのかと思ってたら原作とは少々違ったストーリーを盛り込みつつ、と言う感じです。前作もそれなりに楽しく見られたので今回も普通に楽しもうと思います。で、今回のシリーズでは何と言っても大河原滋!加藤夏希ちゃんですからね~2話までオンエアされて滋さんも滋さんらしいところが見られたし、で注目です。しかしナッキーは可愛いよなあ。

ヒミツの花園』(火曜10時/フジ)
曲がり角の彼女のスタッフさんが作ってるんですよね、これ。初回を見て同じにおいがぷんぷんしました(笑)読売新聞試写室で書かれていたように最初から最後まで展開は面白いほど読めちゃったけど、(…4兄弟の役割分担が登場一瞬にして理解出来ちゃったよ、アタシ…まあ、漫画のことわかる人が見れば誰でも一瞬でわからァな)題材が面白いから見ます。やっぱり自分とやや同業だったり、趣味に近いような題材のものは見てしまいますねえ。あと、釈由美子、年々好きになるかも。ワンギャルだった頃は全くいい印象無かったんだけどね…良くなったよ、釈ちゃん。エラそうなコメントですいません…

ハケンの品格』(水曜10時/日テレ)
キャリアウーマンづいている篠原涼子の最新作は派遣社員…以前は同じ枠で正社員でしかも総合職を目指せるくらいのキャリアだったなあ、ねえ、アネゴ。まあ、それはさておき。1話面白かった!大前春子はずーっとあの調子なんだろうか。そしてずーっと大泉洋演じる東海林といがみ合ってるんだろうか。まあ、大前春子は気にも留めちゃいねえ感じでしたが、その二人の間に挟まってあたふたしているイイ人キャラの小泉孝太郎もいい感じです。それにしても気になるのは大前春子と言うネーミング。絶妙!

拝啓、父上様』(木曜10時/フジ)
きらきら研修医とかぶりましたね…どうしようかなと思ったんですがスポット見る限りきらきら~はちょっとあまりにもドタバタし過ぎで疲れそうなのでこっちを見ました。倉本聰さんだし、板前ものってことで拝啓、おふくろ様と味一もんめのミックスだったらつまらんなと思ったんだけど想像より面白かったし、今後も期待出来そうです。悪い役をあまりやらない岸本加世子が今回は悪いとまで行かないまでも何か握ってそうだし、ニノと弟弟子の横山(楽しいくらいに軽いですね!)の絡みも面白かったし、女の子たちも気になるしで今後も見るでしょう。しかし何より気になったのは、ニノ、「~なわけで」言っちゃったよ!純だよ!というところです…「ドキドキしていた」も言っちゃってた?(笑)倉本聰さんが若い男を主人公にしてモノローグを書くとみんな純になる、と言う法則が発見出来ました。おもしれ。

演歌の女王』(土曜9時/日テレ)
同じ女王でも本当に正反対の女王ですね~とことん付いてなくて、とことん情けない女王です。天海祐希さんも相当崩れましたね!けど面白いんだよなあ、この人のコメディ。元カレ(元夫?)の原田泰三のいい加減さももう、漫画だね!と言うくらいの人物像で面白いです。そしてまたまた人間役じゃない福田ちゃん。少女時代のひまわりさんと言う役柄で自分の内面との会話をビジュアル化してるのも新しくはないけれど面白いし、ひまわりさんが今後どれほど付いてないのか、と言うことだけでも興味がわきますね。『女王』と付いているけれど果たして『女王』になれるのか…2話以降も天海さんの崩れっぷりに超期待。

華麗なる一族』(日曜9時/TBS)
TBSは華麗なる~と言うフレーズを流行らせたいんだろうかと思うくらい番宣でいやってほど耳にしましたね…初回も30分拡大枠で制作費も桁違いで相当力を入れているようです。内容は1話から相当ドロドロ。鈴木京香さんの2号さんは本当にむかつく(笑)すごいっすねーまあ、それ以外のキャラクターもみんな腹にイチモツあってくせ者ぞろいですね、仲村トオルとかもすごいヤな奴だし。◯で昼ドラかよ!って感じの無いようです。私はこうみえて意外と社会はドラマ好きで、山崎豊子さんの書く小説の徹底した時代考証の正確さというか、綿密さは本当にすごいので、主演が誰であろうと見たと思います。少々時代がかった役とキムタクがまだなかなか一致しないけれどそのうち馴染むだろう…どれだけドロドロしてくるのかが見物であります。最後に。北大路欣也さんは久々に拝見しましたが流石の貫禄でした。

以上です。『東京タワー』は連ドラ化反対、まだはじまってない『今週、妻が浮気します』は興味が無くておそらく見ないと思います。『只野仁』もこれまで見てないし今後も見ないのでので冬ドラマはこんなところ。あ、『わるいやつら』もまだだ…これは見るかもしれない…もしみたら追加します。今のところ次が楽しみなのは『ハケンの品格』かな?2006年総括ではノーマークだったような気がするけど思ってたよりずっと良かったので。あとはやはり世間の評判は微妙かもしれないけど個人的に気になるのは『ヒミツの花園』とくに寺島進さんの他社編集が(笑)
まあ、ぼちぼち見守りつつ冬クールも鑑賞して行きたいと思います。

しかし…こんだけテレビッ子でドラマ好きの私が、2月からの職場のシフトのせいで今後9時スタートドラマを見るのが難しくなるんです…だって、このままだと夜の9:15まで勤務だから…早番採用された人が早くくじけれくれないかな、そして早番にコンバート出来ないかなあ~どーでもいいくだらない話ですが、ドラマ好きとしては結構な大問題なのでした。

ジャンル:テレビ・ラジオ - テーマ:ドラマ

映像受信箱 / 23:37



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。