ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて。2007年も明けましたので2006年秋ドラマの総括と2006年放送のテレビ番組すべての総括を書いてみたいと思います。まずはドラマ総括。放送終了順です。

『セーラー服と機関銃』(金曜10時/TBS)
全部で7回?とにかくあっという間に終わってしまい、たった7回なのに2回も見逃していて非常に消化不良ではあったんだけれども、長澤まさみちゃんが可愛かったのと、めだか組の死にっぷりに感動を覚えました。しかし最後の最後につまらん喧嘩の仲裁で佐久間まで死んでしまうとは…ちょっと切なかったですね。薬師丸版も原田版も全然覚えていなかったのでかなり新鮮に見られたけれど、どのバージョンもそうなんでしょうか。でもね、短いなりに上手くまとまって手渡しは割と好きでしたね。思わず星泉をiTSでダウンロードしましたからね。長澤まさみちゃんには今後も期待です。

『たったひとつの恋』(土曜9時/日テレ)
2~3回くらいしか見てませんが、ちょっと脚本が甘かったですね…久しぶりに登板の北川悦吏子さんでしたが、どうにも…最終回の甘さと、ヒロインに対する都合の良さが目に余りましたね。だって、平岡君いい人すぎるでしょ!ついでに婚約者の池内も。ただ、途中チンピラで参加していたナミオカ君には楽しませていただきました。キャスティングしてくれた人どうもありがとう。

14才の母』(水曜10時/日テレ)
このドラマは大穴でしたね!思ったよりも色々考えさせられた上に、世間の注目も高くて視聴率も良かったのでびっくりしたんですが、私も今期ドラマでは見応えのあるドラマだったかな、と思ってます。あの小さい志田未来ちゃんが子供を産むってのはいまだにうわ~って感じなんですけど、仲の良かった友達が離れてっちゃう話とか、北村一輝さん演じる雑誌記者、室井滋さんのきりちゃんママと見所はなかなかたくさんありました。生まれた子供が女の子だったので、ひょっとしてラストシーンは生まれた子供が14才になってて、当時の話をみきが空ちゃんに離して聞かせるとか。もちろん空ちゃんの役も未来ちゃんが演じるの…?そのために女の子なんでしょ?とまで思ったんだけどそれは深読みでしたね。日テレはこういうふうにたまにすごくいいドラマ作るからなかなかばかにできないんですよね~

僕の歩く道』(火曜10時/フジ)
1話目を見られなかったけどそのあとは全部見ることができました。草薙剛の『僕シリーズ』はどうやらこれで完結らしいけれど、私は今回の歩く道、結構好きでした。と、いいますか、やっぱり上手いよなあ、演技。大好きな幼なじみの都古ちゃんの結婚など色々乗り越えて行く様や、だんだんと心を開いてゆく動物園の人たちなど、とにかく温かい気持ちに慣れるいいドラマだったと思います。けど、最後グループホホームに入るってところで終わったのは意外でした。でも…自閉症と言う障害を抱えた主人公が行き着く一番の自立ってここなのかもしれないと納得もしました。もしかしたら都古ちゃんが輝の面倒を一生見るみたいなラスト?とも思ったんだけど、それこそそっちの方がよっぽど現実感が無いですね。道徳的なドラマでした。

『Dr.コトー診療所2006』(木曜10時/フジ)
今回のコトーは全体的に話が暗くて重くて、特にタケトシさんが詐欺にあったあたりなんかはかなり滅入りましたが、やはり半年間と言う長期ロケを観光して取っただけあって与那国島の風景は相変わらずキレイだし、見応えのあるものにはなってましたね。滅入る話も多かったけど末期がんが奇跡的に回復するエピソードや、タケトシさんが漁師に戻る話などもあって救われるところも作ってたので…まあ、いいか!それに、2006とついているので今後も出来うる限りシリーズ化をもくろんでるんでしょうかねえ?あやかの手術も上手く行ったしね…しかし何と言っても今回のシリーズは蒼井優ちゃんが可愛かったのでとにかく満足。ステキな女優さんですよね~映画版ハチクロのDVDが届くのが楽しみ♪

『のだめカンタービレ』(月曜9時/フジ)
漫画原作、バカバカしい過剰表現などから敬遠する人もかなりいたと思うので月9としてはあまり数字は良くなかったのかもしれません。が、原作を知っている人は概ね満足だったと思いますよね。あれだけ素直に忠実に映像化していれば原作ファンも文句は言いません。時間がないので駆け足だったことは駆け足だったけれど、丁度良くまとまってたと思います。唯一ちゃんと全部見たドラマだったし。終わってみればえー?と思っていた玉木宏の千秋もすっかり板についてしまったし、瑛太の龍ちゃんや小出君の真澄ちゃんはハマり過ぎてそれ以外無いってくらいぴったりでした。上野樹理ちゃんののだめも少々やり過ぎ感はあったけど可愛かったし及第点と言えましょう。のだめ子供時代には森迫えいちゃんというこれまた話題の子役を使ってて外さないなあと思ってました。あと、実はなにげにのだめにもナミオカ君が出ていて、しかもあの髪型が(ヅラだろうけど)気になりすぎでした。それと、私昔ホルンを吹いていたので若干嬉しかったりとかね。それにしてもたいした役でもないのにしょっちゅう抜かれていたのはそのせいではないかとずっと思っていた私です。ホント、ナミオカ君が気になったよ…

『役者魂!』(火曜9時/フジ)
すっごい個人的には気に入ってて面白いドラマだったのに数字はあまり取れてなかった…うーん、なぜだろう。松たかさんのコメディはやっぱり結構好きだし、藤田まことさん面白かったし(さすがてなもんや三度笠!)キャラクター全員が相当デフォルメされた面白い人たちばっかりだったし、話も凝ってたんだけどなあ。君塚さんの持ち込み企画と聞いていて流石だ、面白いぞ、この脚本は!と毎週かなり笑わせてもらってたんですけどねえ…何がダメだったんだろうなあ。まあ、世間がダメでも私は面白いと思いました。というかですねーこうい本当に作り手のアイディアと熱意が感じられるオリジナルのドラマが見たいんですよ!だからそれだけでも花丸でしょう!ドラマファンとしてはこういうのもっと見たいです。

その他、だめんずうぉ~か~、家族、鉄板少女アカネ、嫌われ松子の一生に関しては結局見ていないので割愛です。

それにしても、『役者魂!』に書いたことと重複しますが、最近のドラマはとにかく売れてる漫画や小説を安易に使い過ぎます。今回のコトーやのだめはかなり出来はいいです。でも、やはりドラマファンとしては熱い作り手発信の完璧なオリジナルの面白いドラマが見たいんです!!だからそういう意味で秋ドラマは『役者魂!』『僕の歩く道』『14才の母』に拍手を送りたいです。こういうドラマをもっと作って欲しい。そう思います。
2006年放送されたドラマ全体に関しては、とにかく冬クールが良かったと言うことでしょうか。何と言っても今年のドラマで一番面白かったのは『時効警察』1年通して振り返ってもこれが2006年ドラマ大賞ですね。そして、オリジナルではないですが発掘して来た原作が秀逸でとても良く出来ていた『アンフェア』と『神はサイコロを振らない』など、粒ぞろいで面白いものが多かった。原作付きではそのあとの春クールもなかなか良くて『弁護士のくず』と『てるてるあした』も面白かったです。夏クールの『下北サンデーズ』も面白かったのにちまた受けは最悪だったのが私はとても悲しかった。原作選びにセンスを感じたのはこんなところでしょうか。それぞれ評価は分かれましたけど原作をドラマ化するならこういうのをやってもらわないとね。オリジナルではNHKの『マチベン』とか、フジの『結婚できない男』、日テレ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』そして前述の『時効警察』と今期の3本…ってオリジナルのドラマってほとんど入っちゃってる?というくらいオリジナルの少ない現状です。うーん…切ない。でも、本当に真に面白い作品て絶対にオリジナルだと思うんですよね?だから現状が残念で仕方ないです。
ですが、これはメジャー時間の1クールドラマに関してでありまして、2006年は昼ドラ革命の『吾輩は主婦である』や深夜帯の『アキハバラ@DEEP』『恨み屋本舗』、そして大変大変楽しませていただいた『ライオン丸G』とちょっとメジャーからそれれば面白いものも結構ありました。こういうのも含めて2006年ドラマを純粋に私ランキグすると…
1位 アキハバラ@DEEP
2位 時効警察
3位 吾輩は主婦である
の3本となり、ライオン丸Gに関しては特別賞って感じです。ランキング見てもやっぱり前半が良かったことが伺える感じですね~
それから、これはドラマではなくバラエティになると思いますが、ついにニューデザインパラダイスも終了…これも悲しかった…ですが、同じ枠で現在放送中のアイディアの鍵もなかなか面白いので小山薫堂枠として今後も見てゆきたいな、と思ってます。

さて、2007年はどうなるんでしょうか。現時点で冬クールドラマにはあまり触手が動きません…東京タワーはわざわざ連ドラ化する必要性を感じないし、パッと興味を引くものが無いんですけど、『演歌の女王』『拝啓、父上様』『ヒミツの花園』『花より男子2』くらいでしょうか…そうは言っても花男は前も見てるからで純粋にちょっと面白そうと感じたのは前三つです。それと…まあ、多分、多分ね、華麗なる一族とわるいやつらは見ちゃうんだろうな、とは思ってますが何かひとつでもこりゃあ面白い!と毎週続きが楽しみで仕方ないってドラマがあったらいいなあと切に思います…あとは大好物の深夜帯ドラマを今年も期待したいです。大根監督、今年も頑張ってください!演技者も終わったし、ライオン丸も1クールだったし(涙)このままでは楽しみがないので勢いのってまた新作をがつんと!深夜ドラマ番長卒業とかおっしゃってますが、メジャーの時間でも何でもかまわないので、本当に待ってます!!

以上、2006年ドラマ総括でした。

ジャンル:テレビ・ラジオ - テーマ:ドラマ

映像受信箱 / 03:07



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。