ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週見てきました。
既に見てきた人たちからの評判ではなかなか難しいという話。
私は原作も全く知らないし、事前にそれほど情報も入れず
もうそのまま、ジブリ作品を見に行くぞ、
というスタンスで行ってきました。

以下ネタバレです。













--------------------------------------------------

まず、本当に印象として確かにこれは難しいなあと感じました。
子供が見て理解できるかというとそれはどうかなという感じ。
そういう私も実際?と思うところがいくつかありまして…
これを書くと落ちバレですけど…テルーって竜なの?
あ、いや…すみません、これ書いちゃだめか。
うーんその辺が曖昧で分かりにくくはあるんですよねえ。
千尋のハクなんかも実は龍神様というか沼の神様で
白い龍だった訳だけどそこははっきりと分かるじゃないですか。
あそこもう少し明確にならなかったのかなと思ったのは事実です。
けれど、吾郎監督がおっしゃるようにちょっと昔のジブリ作品の
懐かしい雰囲気と、新しい演出は所々に見られた気がします。
そのちょっと古めの雰囲気があの作品には合ってたとも私は思います。
それよっかさあ、吾郎監督の絵コンテ素晴らしいですねー
メチャクチャうまい…いいなああれだけ描けたら楽しいだろうな。

それから、7月のツキイチゴロー(スマステ)で吾郎ちゃんが
ちょっと説明臭いと言ってたんですよね。
どういうことだろうと思ったんですけどあれですね…
たしかにハイタカがずいぶん説教っぽいこと言うんですよね。
多分そこが引っかかっちゃったのかなあと思うんだけど
内容的に台詞で説明なしに押し進めるのも
ちょっと難しいだろうし仕方がないのかなあと私は思いましたけれども。
原作が難しすぎたとしか言いようがないでしょう。
(って…原作は読んでいないけれどもね)

なんていうのかな、キャラクターの表情が今までの
ジブリにはないような顔つきをするなあと色んなところで
思ったかなあ。特にアレンが。
あとね、テルーもちょっと見なかった感じのヒロインかなと
映画を見てたときに思ったんだけどちょっともののけの
サンに近かったかもしれないですね。

でもねえ、本当に岡田君も手嶌あおいちゃんもすごくよかったです。
キャスティングはここ数年のジブリの中で一番よかったかも。
特にアレンが陰におびえてる最中のくら~い演技が
岡田君最高にうまい!
最期に自分を取り戻して割れにかえったあとの
ちょっと元気なアレンより暗い頃が本当にうまいのですよ…
岡田君…きみさてはかねてから思ってたけどやっぱりネクラだね?(笑)
あと、ベテラン勢、ハイタカ、テナー、そしてクモ。
ものすごく安心して聞けるというかうまいですねえ…
あと、ウサギ役の香川照之さんもすっごく上手!
実に楽しそうに小悪党を演じていらしたなあ。

だからなんと言ってよいか難しいのですがね、
内容はかなり難解で、単純に「面白い』って風には言えないし、
ただただ素晴らしいとか良かったとかも言えないんだけど
宮崎駿という人の色々な部分を引き継ぎながらも
新たな解釈や手法を入れた古くて新しいその作風が
とても新鮮で非常に楽しめました。
しみじみと見入ったという感じでした。
そして、吾郎監督はこの先きっと素晴らしい作品を作るだろう、
ゲド戦記が間違いなくその礎になるだろうとは感じました。
まったく、これが全くアニメの経験がなかった人が作ったのかと思うと
生まれ持った才能を持った人には凡人は何やってもかなわないなあと
改めて思い知らされますよねえ…
で、吾郎さんが出てきたおかげで駿さんも負けてなるものかと
おそらくまた新作にとっかかるだろうとか
そんなくだらないこと考えてました。
ジブリファンとしてはそれはうれしいことなので
親子でしのぎを削りつつ、また素晴らしい長編作品を
私たちに見せていただきたいものです。




最期に。
なんか原作のル=グゥインが原作と違いすぎると大激怒している…
というような報道も一部あるようなんですが…
そこんとこどうなんでしょう。
だって、自分から駿さんに映像化してほしいって持ちかけたんでしょう?
でそのときに駿さんは直接若手に任せたいと本人と話して
それも了承しているんでしょう?
激怒って事自体が本当か嘘か知らないけれど…
原作者本人がそういうこと怒っちゃだめだと思うなあ。
本当にだめな作品だったら原作のファンがあなたに変わって
大々的にダメ出しするんだし。
(そう、私の映画版タッチに対するダメ出しのように…)
原作を知らない私は普通に楽しめたし、満足しましたよ。
原作者が否定してしまうとね、
原作を知らずにジブリ作品として純粋に楽しもうとしている人に
事前に変な印象を与えてしまうし、実際に楽しんだ人も
あれっ?てなってしまうと思うのですよねえ…

っていう私の個人的な意見でした。

◆何か感じたらクリックお願いします◆

ジャンル:映画 - テーマ:ゲド戦記

映画 / 00:53



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。