ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えー…先週放送された映画版タッチを録画で見ました。
私は基本的になんというか、あの、その…
こういうところで感想を書く時はあんまり否定的なことを
書きたくないんですね、まあ、公共の場ですから。
なるべく自分が好きだから、その作品の素晴らしさを
ちっとでも世の中に広めたい、と言う思いで
ドラマや映画や漫画やらの感想を書いているんですが…
ちょっと、このタッチに関しては我慢ならなかった…
正直に言います、がっかりです。
ここまでひどいとは思わなかった…
私は、あだち充漫画はそれなりに好きで、
中でもタッチはちょっと思い入れのある作品なので
映画化はちょっとなあと例によって思ったのですが、
長澤まさみちゃんの南ちゃんは納得出来るかなあと思えたので
あまり口出しせずにやり過ごしたんですけど…
見てしまったら我慢出来ません。

ええ、タッちゃんカッちゃんのキャスティングも
なんてひねりが無いんだろうと思ったけれど
映画を見たらそれほど悪くはなかったんですよ、
でも、でもね!キャラの性格が変わり過ぎてるの!それも全員!
あだち充のキャラクターはわりとみーんなどっち付かずで
優柔不断で感情の沸点に達するのが遅い感じなんで
簡単に言うとじれったいキャラクターばっかりなんですけど
私はあだちキャラのじれったさはキライじゃありません。
だけど、映画のキャラクターは私の一番嫌いな方向で
全員が全員うじうじうじうじし腐ってて
途中で見るのを辞めようかと何度も思いました。
映画館まで見に行かなくて本当に良かった…

カッちゃんはそうそうにお亡くなりになるので
まあ、わりと原作通りなんですけどタッちゃんも南ちゃんも
こんなこと言わないし、こんなことしないよ!と
何度も思いました。
あと、一番気に入らなかったのが双子の母親のはるこさん。
吹雪ジュンさんが悪いわけではなく、
監督のキャラ設定が最低です。
双子の両親をああいう解釈で描かれてはたまりません。
ちゃらんぽらんに見えて、ちゃんと双子をそれぞれ差別せずに
愛してて、あんな否定的なことを言わないのですよ、お母さんは。

それから、全26巻からなる物語を2時間でまとめるには
どうしてもはしょらなければ行けないところがあるのはわかるけど
捨てるところと残すところの選択が悪すぎる。
っていうか、映画で2時間で収めようって絶対無理だから。
H2のドラマ化ですらもワンクール使って超ダイジェスト版
って感じがどうしても否めなかったのに、
タッチ映画版に関してはダイジェスト版どころか
全くの別物で一つも共感出来なかった。

だいたい気に入らないのは一瞬たりとも登場しない南ちゃんのお母さんや
ちなってぃの演じてる女の子、ボクシング部のマネージャーといった
はっきり言って誰だこれっていう余計なキャラクターを
なんだかちょろちょろ出している割に、重要なキャラを切っている。
例えば、南ちゃんの母親出すなら西尾監督の娘の
女子マネ左知子さんを出した方がいいんじゃないのかと思うし、
何より柏木英二郎がいないのが一番不満です。
タッちゃんも中学まで野球やってたみたいな設定もやだし、
南ちゃん、新体操やってないし、須見工新田の設定もいや。
それにねえ、ピンストユニフォームはは須見工じゃなくて勢南なの!
それに須見工は共学じゃなくて男子校だしね!
それにさ最初にちなってぃがキャスティングされてるのを見つけた時、
絶対この子が新田由香に違いない!と思ったのに
誰、あんたってキャラクターだし…
(絶対由香ちゃんだったら超ハマってたと思うんだけどどうですか?)
何より、2年生で新田を倒しちゃうのも我慢ならないし、
明青が後攻で9回表で新田を打ち取って終わりってのもドラマが無い!

ああ、だめだ書けば書くほどいやだ!ってところが出て来ちゃう…
だからなんというか、原作ファンは見ない方がいいです。
よくあだち充先生はこの映画にオッケー出したなと思います。
(それはめ組の大吾のドラマの時もそれでいいの、曽田さん!と思ったが)
これで終わるのもなんなので最後に一個だけほめますと、
原田君だけ良かったです。RIKIYAは高校生じゃなかろうと思ってたけど
元々原田君自体が高校生の規格ではないのでここだけはよくやったと
ほめてあげます。(←エラソウ…)

とにかく原作ファンとしてかなり気分を害されたので
原作を読んで気を取り直そうと思います…
本当に監督…あなたの作品は決して嫌いではなかったんですけどね…
タッチに関してはいただけないですよ…

ジャンル:映画 - テーマ:今日観た映画

映画 / 00:45



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。