ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でも私は多分一生見ないだろうと思っていたのですが
職場の方から1~6話のダビングをお願いされて
うっかり見てしまったために続きが気になり
結局全話お借りしてみることになった。それがきっかけでした。
で、昨夜ついに制覇いたしました。いや~全20話は長いです。


で、感想ですが。 真に冬のソナタまたはペ氏のファンの皆様とは絶対に 違った意見になると思うのであまり大々的に書けませんが、 個人的には前半が面白いと思いましたね。 チェリンのちょっと昔のドラマでは王道とも言える 典型的意地悪(美人で自信家)の数々とか、 徹底的に女々しいサンヒョクとか、 それから無理があるけど可愛い高校生時代とか。 とくにチェ・ジウが可愛いなあと思ってみてましたので あの辺りが気に入ってました。 (個人的にチェ・ジウは絶対に髪が長い方が似合うと思う) 6話の最後がちょうどユジンがミニョンさんをかばって けがするところだったので引きとしてはものすごいところで 続きが見たくなって結局最後まで見ましたけど 後半は前半ほどのすごい引きはないですね。 で、中だるんだかなーと思ったところで(事故に遭い過ぎだしさ) 怒濤のラスト3話。あと3話でどうするんだろうと本気で思いましたよ。 すごいな、3話でアレだけの情報を詰め込んでくるところがすごい。 まさに日本の大映ドラマとかいわゆる昼の帯ドラのノリでした。 もう言ってることが二転三転するわけで登場人物も そりゃ困惑するよなーって(笑) それから、ラストシーン確かきれいだけど… なぜあの風景なのかなあと疑問に思ったんですが。 『冬のソナタ』というタイトルで「冬」をキーワードに 綴って来た物語のラストシーンですよ? 3年ぶりの感動の再会な訳でしょ?でさ、なんで再会は冬じゃないの? 私が監督だったらもう、めっちゃクサイ演出だけど 絶対冬のロケーションにするけどなあ。しかも初雪。 なんでかなーなんでかなーすっごい不思議。 「もう一つの冬のソナタ」(KKだっけワニだっけ)にアレの続きが 収録されてるっちゅーうわさなのでちらっと立ち読んでみようかな。 でも、まー思ってたより面白かったですね。 すみません、かなり侮ってました。 ハマりはしませんが本当に引きとまくりが上手いなと それは痛感した次第です。そして日本人が見るとちょっと懐かしい 設定だったのが何よりの勝因でしょうね。 大映ドラマが下敷きになってるなら当たり前なんだけどね。 そりゃ、揺さぶられますよね。 スチュワーデス物語やヤヌスの鏡、アリエスの乙女たちなどを 見て育った世代ですものね。 この先韓流ブームがいつまで続くかわかりませんが ひょっとしたら新しい文化として根付くかもしれませんねえ。 そして今年の流行語大賞に間違いなく入るだろうな、「冬のソナタ」 ま、それはさておき。最後に毒吐きます(笑) 実は、ちょっと前に職場のTさんがぺ・ヨンジュンのことを 『こぎれいな松尾スズキにしか見えない』 とおっしゃってたのを聞いてから私にもそのようにしか見えなくなってしまい、 冬ソナを見てる最中ももう…ええ、大変でした。 特に事故にあって入院して無精髭が濃くなって来たりすると ますます、ええますますそんな風に見えてしまってね… 松尾スズキ本人は言われたことないかなあ、 ぺ・ヨンジュンに似てるって… 絶対似てるよ、似過ぎだよ、Tさん上手すぎです。

◆何か感じたらクリックお願いします◆
日々徒然 / 23:10



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。