ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年々、年々スケールがでかくなりますな、ソーラン節。
第5シリーズではじめて登場したソーラン節は
話し合っても何にもまとまらない3Bに対して
金八さんがこんなのあるけどどう?やってみない?って
ちょっと提案しただけのものだったのに、
いつの間にやら「伝統の」という冠までついてしまって、
3Bどころか桜中学全体、いやいや地域も巻き込んで
伝統のモノになってしまったんですね…
第5シリーズでは参加しなかった生徒が何人もいたのに。
叱咤激励しにやって来た友子と慶貴だって参加してなかったのに(笑)
あと、アスミとか加奈恵もやってなかったよね。
文化祭の取り組み自体に参加していないわけじゃないけど
ソーランを踊らない一輪車とかバレエのパートの子もいたし。
それが全員参加であの盛り上がりは何!ちょっと盛り上がり過ぎかとも…
ま、ソーランの感想は改めて書くとして恒例の感想行ってみましょう!


まず、先週の引き。
ただ単にバックレて帰ったというわけでもなく、
何となく教室を出てしまい、何となく戻ってきましたね。
でも、教室に戻って金八さんの姿がなかった時の
3Bの反応がそれぞれで面白かったかな。
ちゃんと謝ろうと思ってた子、してやったりって感じの子。
金八さん自身も凹んでらんないぞと坂本龍馬に話しかけて
自らを奮い立たせる、なんか、なんか新鮮だ。
新鮮というか、初心に戻るって感じか。
3年現場を離れてやっぱり鈍ってるんだよ、先生、
その感覚を取り戻そうとしているんですよね、先生。
その現れがあの見事なまでの挑発。
普通の感覚ならあれだけバカにされたら黙っちゃらんないですよね。
そこから先は卒業生が総出で指導。何つー贅沢だよ。
ヒノケイ、友子、慶貴、ヒルマン、敏恵、
信太、美樹、香織、シンバ、スガッチもいたっけか?
いやーそうそうたる顔ぶれでございました。
でも、でもねー…健ちゃんいなかったのは残念だった…
風間強化週間だったから期待してたのに。
まあ、それはさておきましてとにかくものすごい特訓でびっくり。
あれはソーラン節の稽古なんでしょうか?
あそこまでやった奴らいなかったでしょうに。
ちょっとオーバーじゃないの?というくらいの過剰演出だったけど
それくらい強調したかったんでしょうねえ、
あの3Bが団結した、というところを。
そしてそれを温かく見守る金八さん。
いつだったか、プロデューサーが金八は決して熱血教師ではなく、
じっくりと考える『待ち』教師だとそう言ってたんですが
本当にその通りだなあと思いました。
河川敷で練習する彼らを見守る姿や、そっと差し入れする
金八先生の姿を見てあの言葉を思い出しました。
さらに伝統のソーランに今年の3Bにしか出来ない+αをと
先輩たちに申し出るその、たくましさ。
要求されたこと以上に挑戦しようとする新しいスタイルが
また少し今までと違っていて見応えがありました。

そして本番。+α担当のしゅうと「構え」の号令担当の伸太郎。
二人にスポットが当たりました。
普段へらへらしていてクラスを引っ掻き回している伸太郎。
しかし実は気の小さい臆病な奴だったことがわかりました。
彼はきっと教室では精一杯虚勢はってたんだなあと思いました。
ただのちゃらんぽらんじゃないでしょう。
彼にも彼だけが抱えている何かがある、そんな伏線を感じました。
あのでっかい工場を持っている家庭で何故給食費を払わないのか。
その辺を早く知りたくなってきました。

ああ、話がそれた。続きです。
びびって固まってしまった伸太郎に「勝負だ!」と声をかけた金八さん。
ここのシーン、第5話で一番いいシーンだったのでは?
いや、私はここが一番いいシーンだと思った!
固まってた伸太郎の表情が変わった瞬間ゾワッと来ました。
上手い演出ですねえ…いや、岳の演技がうまいのかな。
ソーランより私はここで鳥肌たっちゃいました。
そしてそのあとはあのソーランですよ。
出だしにも書いたけどものすっごい盛り上がりで
確かにソーラン節は上手だし、盛り上がってたし、
感動もしたんだけどすごすぎて逆にぽかーんとしてしまった…(笑)
年々スケールアップだねえ…
大漁旗のはんてんなんてなかった第5シリーズに比べたら
文化祭のときからはんてん着て、さらに指導者もたくさんいた
第6シリーズは第5シリーズより見栄えが良くて当然ですが
今回はさらにその上を行ったなあ…すごかったです。
そのあと敢闘賞を取った3Bに何度も頭を下げる金八さんに
勝負なんてどうでも良くなっちゃったと言う真佐人や
3Bでもまとまって一つのことが出来て良かった、
勝負は引き分けと言う直明。
そして何より、実は一番感動しちゃってる伸太郎。
やめろって言ってんだろう!!と教室を飛び出す伸太郎は
かなり、かなり可愛い奴だった。
さすがだ、さすが岳!平成夫婦茶碗の長男!!
すっごいムカつく奴だけどすっごく好きかも。
それが現在の私が伸太郎に感じていることかもしれません。
とにかく第7シリーズはじまってからはじめて3Bがまとまった
記念すべき第5話。金八さんが彼らをはじめて
『可愛い』と思った瞬間だったんじゃないでしょうか?
いままでの金八さんが彼らに感じていた感情は
とてもじゃないけどいままでの3Bに対するそれとは違ったはず。
でもやっと金八さんも本来の金八さんになったな、と
生徒の変化とともに金八さんの変化も感じた第5話でした。

そして、金八さんが伸太郎に声をかけたシーンがいいシーンだったと
先にそう書きましたが、同じくらい良かったと思ったのは、
ラストの荒川土手でのしゅうの笑顔、これだな。
いろんなことで固くなっていたしゅうがすこし柔らかくなった
とても印象的ないい笑顔だったなあ。
そしてこの笑顔がずっと続いて行くように、
金八さんには頑張っていただかないとですね。


さて、そして来週第6話。
ジャイアン孝太郎がまた何かやらかす様子です。
こいつも問題児だなあ…
セットで和晃もまた巻き込まれちゃったりするの?
和晃はビジュアル的に好みなので(所詮私はメガネスキー)
登場シーンが多いのはそれなりに嬉しいんですが
孝太郎とは決して親友でないところが気になりますね。

いや、面白くなってきました。金八先生!

◆何か感じたらクリックお願いします◆
金八 / 22:32



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。