ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正月にまとめて買った、あさのあつこさんのバッテリーを一気に全部読みました。
ちょいとからだに異常があったため病院に行ったんですが
どこにかかっていいか分からず、内科でレントゲンを撮り、
形成外科にまわされ、またレントゲンを撮り、
最終的に診断が終わって薬局で薬もらった頃には
2時間半くらいたってました…
受付開始時間ちょっと過ぎたくらいに行ったので
もう少し早く終わるかと思ってたんだけどねえ。
ま、それでも、1時間はかかるかなと思っていたので
手頃な文庫本~とバッテリーの1巻を持っていったわけです。
で、結果的に2時間もかかったので1冊読めてしまったら
続きが気になって気になって、結局三冊一気読み。
読み終わった今、とても心地よいですね。
本当にこれは児童文学なんでしょうか。
いやいや、そんなカテゴリー付け自体が間違ってる。
文学にジャンルなんて本当はないんじゃないかと私は思う。
と、なんだか拳握って力説したくなるような作品でした。
『バッテリー』なんていかにもなタイトルなのに、
いかにもな内容じゃないんだよなあ。だからこれだけ賞賛されてるんだろうけど。
つい先日、教育画劇から最終巻が出たばかりなので
文庫に落ちてくるのはまだまだ先なのかもしれないけど、
今後あの、とても青春野球もの(って書くこと自体が間違ってるけどね)の
主人公らしからぬ巧が豪が、どんな風に成長していくのか、
楽しみというか何と言うか。読みたいなあ、続き…
きっと巧はずっとひよったりしないんだろうな。
読んでる最中とかはほんっと巧~!!とかすんごい思うんですよね。
しかし、あの希有なキャラクターはあのまま崩して欲しくない。
原田巧という少年の可能性を感じるというか、
もっともっと見ていたい、と思うのです。
なんつーのかしら、ホント、いや、すごいと思いました、この小説。
同じく中学生が主人公の小説で『天の瞳』も読んでるんですが
天の瞳を読んでたときと同じくらい没頭しました。
異常に好きだなあ、中学生が主人公の物語が。
実際の中坊は大ッっ嫌いなのに(笑)
小学生にもないし、高校生にもない、
中学生特有の青さと言うか不安定さというか、
それにどうしようもなく惹かれるんですよねえ…

そうそう、バッテリーは「あすか」でコミック化もされてて、
コミックもなかなかいいんですよね。
単行本になったら買っちゃうかもなー
でも、それよりも、今は純粋に続きが読みたい。
だいたい半年に1冊のペースで出ているので次は5月か6月か…
角川の夏100冊あわせて新刊が出そうな予感です。
でも、ハッキリ言って待てねえな!
ヤバいです、教育画劇版を全巻買いそうな勢いです。

最後ですが、アマゾンの画像がなぜ同じ大きさで統一されてないんだ!!
それがとっても不愉快~
読書 / 20:57



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。