ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり変温動物な私は冬になるとめっきり動けなくなります。
したがって、自室のMacの前に座るのが最も苦痛です。
そんなわけで最近はブログの更新もぱらぱらに…

そんなわけでこの冬から始まった新ドラマ、新アニメ単発ものなど
まとめで覚え書きといきます。

取り扱い番組一覧は↓

Sh15uya、ギャラリーフェイク、タイガー&ドラゴン、
義経、水戸黄門、富豪刑事、H2

以上7番組でお送りいたします。


「Sh15uya」

まずは、特撮ファンとしては大本命です。
まだ1話しか見ていないんですが、いや、いいですね!
わくわくしました。ものすごく突然あの世界観に放り込まれて、
説明なんかは全くなくて、え?え?え?
といってるうちに
30分が終了。これは展開がとても楽しみだ。
あのバーチャルな「シブヤ」というフィールドと、
15歳をターゲットにしているピース、ピースと戦っているエマ。
もう、ぜんっぜんわかりません。
きっと2話を見ればもっといろいろと見えてくるのかな。
なんか噂によると「シブヤ」からは出られないとか。
はやく2話をみなくちゃな。

それから、シブヤに存在するそれぞれの坂を縄張りにしている
TEAMのみなさん。それぞれ特色があって面白い。
I.W.G.Pが流行ってカラーギャングが台頭した時代がありましたが、
あれに近いようでちょっと違うのかな。
チーム名がよく見ると縄張りもじってあるんですね。
道玄坂の「ラブゲン」とか、公園通りの「パルハンズ」。
そしてやっぱりラブゲンリーダーアサギこと芳賀優里亜ちゃんは
よかったね~公式でも話題に出てるラブリーな木刀ケースも◎
それから、どうしてわざわざ主演の男の子に女の子をキャスティング?
と最も疑問だったツヨシ@悠城早矢ちゃんもはまりましたねえ。
田崎さんが記者会見で言ってた「誰よりも男らしかった」も
なんとなく納得。これから冒険Chreesで彼女を見る目がかわりそう。
そして1話にはオオトモ@カラハッシーも出ましたが。
いまんとこまだただのホームレスのおっちゃんなので
どんな活躍をしてくれるのか楽しみ出し、これから見ようと思っている
2話にはゆげっちも登場!1話の牧師ピースのすがっちもよかったし、
次に登場する銀行員ピースは橘さん~♪
結局剣は全然見てないけど唯一お気に入りだったのでうれしい。
今後も各話ごとにおいしいゲストの投入に期待しつつ、
ドラマの展開も楽しみに今後を見守りたいっすね。

「ギャラリーフェイク」

私の大好きだった「モンキーターン」の後番組です。
この時間にアニメを見る習慣が付いてしまったため、
そのまま続けて見ることにしたんですが。
細野不二彦はもともと結構面白くて、ギャラリーも
ちゃんと読んだことはなかったけれど美術界を舞台にしていて、
贋作やら何やらをテーマにしているものなのでそれなりに興味もあって。
大学のときの同級生にも面白いよとすすめられていた作品でした。
原作もそうだけど、まあ、アニメになっても全然派手な作品ではないけれど
専門用語と専門知識がばんばんで私は面白かった。
1話の積み藁、2話のひまわりと名画が登場して西洋美術史に
詳しくなること請け合い…とおもっていたら2話には焼き物も出てきて、
やはりこれは美術史全てに詳しくなれそうです。
フジタ役の森川さんもはまっててよいし、OP、ED、BGMなど
音楽もジャズを主体にしていてかっこいいし。
モンキーのように毎週楽しみ!!とまではいきませんが
地味~に知識の幅を広げられそうな楽しみを感じます。
ただ、本当に地味で渋いアニメだからな…半年くらいで終わっちゃうかも。
ま、そのときはそのときでしょうかね~

「タイガー&ドラゴン」

年末からずーっと楽しみにしてたんです!
一昨年のマンハッタン以来1年以上待ってましたよ、クドカンのドラマを!!
キャスティングから何から非常に話題作でしたよね。
で、実際に見て非常に幸せでした~面白いドラマ見るのってしあわせよね!
それぞれのキャラクターも設定もあり得ねえ!!と思いながらも
最初から最後まで笑わせてもらいました。
三枚起請を五枚にしてしまうところとか。
すごい!古典とオリジナルの融合!!とか一人興奮しました。
もちろんばっちり録画したんだけどDVD発売が決定しているそうなので
購入を検討中です。やはりクドカン作品はDVDになると
得点満載だからね…ふふ、どうしよう(笑)

「義経」

こちらもまだ1話しか見られてません。
タッキー、ウエッティと若いキャストが中心になるようなので
どうなの?と思っていましたがどっこいこれが正統派大河!
武蔵と新撰組!がNHKの大河ドラマっぽくなかったのに
どうして義経は非常に大河ドラマですよねえ。
清盛の渡哲也の存在が効いてるのかなあ~?
1話の冒頭がいきなりの見せ場、一の谷の合戦で
なかなかいいつかみでしたよね。おお、やったね!って。
しかしね、義朝役の加藤雅也が1話でいなくなってしまったのが残念!!
かっこ良かったのに~もうちっと見せ場欲しかったです。
それから牛若時代を上木隆之介君が演じるようなんですが
きっとすぐにタッキーになっちゃうよね…
遮那王はもうタッキーだしねえ。
けど、マツケン弁慶との五条大橋のシーンは今から楽しみです。
なんつーか、新しいことをやろうとするよりも、
NHK大河に関してはずっと大河らしさを守っていった方が
成功するような気がします。

「水戸黄門」

第34部がはじまりました。
合田格さんもこれでつに3シーズンめだなあ…
原田助さんとの掛け合いも板に付いてきていい感じでした。
33部はあまり見られなかったので34部はもう少し熱心に見ようっと!
そうそう、1話には大柴も出演してたんでした。
最近ヅラ仕事多いなあ(笑)ちょいとふっくらしてましたー

「富豪刑事」

筒井康隆原作なのでちょっと楽しみにしてたんですが
つくりが「TRICK」ぽいですね。単純に面白かったです。
今後の作り方次第でかなりいい感じになりそうなので期待します。
そしてなんといってもこのドラマの驚き部分はサイネイリュウジ!
いや、びっくり。知らなかったから(笑)
こっちでもデカですか~彼が通常どのような演技をしていくのか、
それからフカキョンのお嬢ファッションにも注目ですね。

「H2」

あだち充は今年何かあるんですか…?タッチ映画化といいこちらといい。
まあ、それはおいといて。
どんなもんだろう?と1話を見てみました。
原作を知っているだけにキャスティングを見てうう~ん?と
思ったのですが、私はヤマダーの比呂はいいと思いました。
なんて言ったらいいかなあ、あだち漫画の主人公の
一貫した特徴とも言えるあの煮え切らなさ!
あの感じが実に良く出ていたと思いますよ。
それからそれ以上にうううう~んと思っていた
はるか役の石原さとみちゃんも思っていたより良かった。
WB2の時はあまり感じなかったんだけど彼女は
けっこうなハスキーボイスなのねーそれもいいかなあと思います。
あと、あだちバッテリーは絶対にキャッチャーは
でかいんですが今回の野田君は中尾君でそう言うキャラじゃない。
どうかと思ったけどそれもまたいいかもしれないと思いました。
ちょっと新鮮?それから元エース元サッカー部の木根。
いいんじゃないっすか~?でも欲を言うのならば、
石垣君の髪が長い頃だったらもっと良かった。
そしてセカチューから続投の英雄役の田中はやっぱりはまる。
まあ、以前同様高校生にしちゃ落ち着き過ぎてるんですが
もともとひでちゃん落ち着いてるしね。
唯一見なれないのがひかりなんだよな。もうちょっとしたら
落ち着きそうですが、今のところ少々違和感。
あ、そうそう。それぞれのヒロインの制服が
原作と真逆なんですよね。実際は千川がブレザーで
明和一がセーラー服なんだけど…これはそれぞれの女優さんに
似合う方を選んだのかしら。
どっちでもいいっちゃどっちでもいいんだけど
田中には学ランを着てもらいたかったな。
あだち漫画の男の子はやっぱり学ランでしょう!
(原作では男子の制服はどっちも学ランです)
それにしてもこのドラマWB+WB2+セカチューって感じだ。
いや、キャスティングがね。

で、全11話で甲子園で千川と明和一が対戦するところまでを
描くらしく、原作はまるまる三年分の物語があるので
超ダイジェスト版って感じになるんだろうな。
でも、私はH2は千川に野球部ができるまでが
一番面白いところだと思っているので最初をどう描くか、
すべて堤さんの演出にかかっているので
2話以降もよろしくお願いします!と言う感じです。

や~7番組まとめて書くと大変だ(笑)
2005年年明けはこんな感じですね。
1月末からは仮面ライダー響鬼もスタートするので
こちらもチェックしなくちゃ。
それに金八も引き続き感想を書き続けるつもりです。

どんな年になるのかなあ、2005年。

◆何か感じたらクリックお願いします◆
映像受信箱 / 15:22



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。