ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり取り乱してすみません…
えー、そんな訳で今週もリアルタイムde感想いきます。

前半パートは竹本君の帰省エピソード。
先週、工場の描写に期待と書いた私ですが背景美術としての
夜の工場はちょっとファンタジックで素敵でした。
が。
やっぱりこの帰省エピソードは非常に「漫画」的な表現が
多用されていると思うんですよね、かなり。
漫画だから成立する構成というか特に羽海野さんの作品の中に流れる時間とか間とか。
それが本当にね、映像として作り上げるのって難しいのだなあと思わされました。
登場人物同士の会話が少なくて延々主人公のモノローグで話が進んで行くのって
やはり漫画だから成立するんだなあと。
一人称の小説が近いものがありますがそれを映像化するとしても
主人公のモノでずーっと進む訳ではないですし。
そんなわけでやや単調な感じの前半パートでしたが
竹本父が素敵だったと、そう言っておきます。
カズさん、カズさんの描写をね…も一息って感じでした。

で後半パートはみんなで温泉旅行☆
何度も何度も何度も言ってますがここ、ここなのです!
これぞハチクロって感じのエピソードが細かくちりばめられていて
すごく好きなところなんです。
前半が竹本君の暗い(苦笑)モノローグでほぼ終わってしまったので
後半で旅行の笑えるシーンを持ってくるところがはずさないです。
けれどそこでちゃーんとプチストーカー真山を
しっっっかり表現していて最高です。
この頃の真山君は花本先生にかーなり嫉妬していて
見ていて見当違いでちょっとかわいいのです…ふふ。
それに地獄絵図のフォローも忘れません。
それから天才森田の片鱗が現れる醤油で朦朧体。
このときの森田を見てはぐちゃんの表情が変わるんですよね。
そこがねー原作だとあの瞬間にはぐちゃんの森田さんに対する
スタンスにちょっと変化があったところだと思うんですけど
アニメはちょっと弱かったな。ここも名シーンだけに残念だねえ。
間とか、余韻をアニメーションで表現するのってホント難しいようだ。
いや、それを差し引いてもハチクロはいい、とてもいいです…


と、言ったところでエンディングに突入、
そんでもって最後に、最後に最後にこともあろうかあゆの告白いれやがった!
ら、来週なのか~そうか…くぅぅぅぅ、と唇を噛み締めていましたら

キリンが!!!!!

真山と先生の差しで露天風呂で終わったのでどうなの?
省かれちゃったりは、し、しないよね…?とびくついていたら
不意をつかれました。やっぱりキリン見ただけで涙が出てしまった…
来週はティッシュもしくはハンカチが絶っっっっ対必要。
ああ、なんでこんなに好きなんだろーなー…
来週は始まって以来一番期待します、本当に期待します。



ところで。
スネオヘアーの「ワルツ」のシングルリリースが決まったようですが
シングルよりもハチクロOP、ED挿入歌をコンプリートした
サントラと言うかトリビュートアルバムを是非出してほしいですよね。
そしたら私買いますよ、ハチクロトリビュート本気で希望!
ハチクロ / 01:04



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。