ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の予告から、理花さんと原田の話になるのかなと思ったんですが
メインはクリスマス!…でも見てみるとああ、こんなタイミングだったかも、
と思い出してきまいした。あんなに何回も原作を読んだにもかかわらず
結構忘れているものでございます…
そんなことは置いといて詳しい感想です。

出だしが真山のモノローグで始まりかなりテンションが高めになりました(笑)
ここ、原作でもすごく印象的なエピソードで、なんとなくだけれど
真山はこのとき恋に落ちたのかなあ、と私は思ったんです。
だから着メロもムーンリバーなんじゃないかしら、と。
初対面(屋上で肩と腕の傷を見た時)じゃないよね、絶対ここだよね?
杉田さんの声でこの真山のモノローグが聞けただけでなんかもう、満足…
そしてこの頃真山君は理花さんと花本先生の仲を疑っちゃって
かる~く嫉妬したりしちゃう訳ですね。好きです、好きですね、ここら。
そしてもう一つクローズアップされてくるのが花本はぐみという女の子の特異性。
さらっと書かれているけれどものすっごいえぐいですよねえ。
えぐい…えぐいっしょ、えぐいこと言わされてましたね、フジテレビアナウンサー…
音の力というものはすごいもので、字面で見るよりも音になるとリアルになります。
とげのように鋭くて冷たい言葉がダイレクトに刺さります。
こういう効果がアニメにはあるんですよね。
原作ではちょっと味わえない部分です。
それは水曜の深夜にやってる某アニメでもすっごく言えることですけど。

そうこうするうちにクリスマスです。こ、こんなに早かったっけか、クリスマス。
私、割と竹本君の気持ちがわかります。
私もクリスマスというイベントはあまり好きではありません。
竹本君と自分はとても似ているところが多くてその度に切なくなるんですが
それを初めて感じたのは「はぐちゃんをみて焦ったっていうか…」
という台詞だったりします。しかしそう言う目で見られるはぐちゃんも
とてもプレッシャーだったり、ストレスを感じているんですよね。
人間の感情で一番重いものって嫉妬だと思うんですよ。
その一番重たい感情を真っ正面からぶつけられているわけですから
辛いに決まってるんですけど、嫉妬する側はそれがわからない。
なかなか気がつかないんです。けれど彼はそれに気がつく。
自分の過去の失言を後悔する竹本君がまたきゅーっとなるんですよね。
話それちゃった。戻しまして。
で、竹本君がはぐちゃんになぜクリスマスが嫌いなのかを話して、
その話を聞いて一生懸命彼を元気づけようとするはぐちゃんが
実はすっごくかわいくって、アニメでもそのけなげでかわいい感じがよく出てました。
それにクリスマスエピソードは全体的にコミカルで楽しかったです。
かなりいい出来でしたね、今回も!
泥酔するあゆ、とか。泣きじゃくる子供たち、とか。
この酔っぱらった人たちを懐抱する真山、ってのが
こののち定番化するんですねー。結構楽しみなシーンでした。
クリスマスはこのあと何回もあるのでその都度楽しみかも。
森田お手製ツイスターゲームとか、出るかしらそのうち(笑)

最後に全体の感想としてですが今週は今まで見たなかで
一番バランスのいい回だった気がします。
ギャグとシリアスの割合とか、そのギャグをやりすぎないで
クスッと笑える程度に抑えてくれてるところとか。
ハチクロのギャグは大爆笑って感じじゃないんです。
ネタ自体が大爆笑ってワケじゃなくてその挟んでくるタイミングが
絶妙だからギャグもシリアスも生きてると思うんです。
だからやりすぎると違うなあと思ってしまうんですよ。
3話のギャグはあとに続くまじめなシーンを際立たせるためだったのか
前半に挟まれたギャグ部分がちょっと誇張されすぎてた気がしたけど
今回はいい、こんな感じで今後もお願いしたいなーと思います。

そして次回は竹本君が帰省するお話ってことですね。
ここも好きなんですよね。
亡くなったお父さんのこととか、お母さんの再婚相手が苦手なこととか。
彼の故郷の亡き父と一緒に見た工場の風景がアニメではどんな風に描かれるのか
それが楽しみです。ジブリのアニメを見るとき背景の完成度の高さに
ため息が出るんですが、このお話にはこういうところの完成度の高さを
求めたいなーと思います。夕焼け、黄昏、郷愁。
そんな感じのお話しになってるといいなあ。
ハチクロ / 01:19



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。