ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キセキが…奇跡が起きましたっ…!
ぴあのプレリザーブで実は実はチケットが取れました!!
驚きました、本当にはじめてです。
でもぴあは体育館ベイビーの先行上映が当たったことがあるので
イープラより当選率は良いみたい。

さて、舞台挨拶です。
チケットを引き換えたら席番号がわかりますよね。H列でした。
趣味を映画鑑賞と言っても嘘にはならないよね…?というくらには
劇場に足を運んでいるのでなんとなくこれは映画を見るのも
役者さんを見るにしてもかなりいい席なのではないかと思ってたんですが
本当にいい席でした。だって、通路の前だったんだもの!
いわゆる人の頭がまったく視界の邪魔にならない席です。
あまりのラッキーに数日中に死ぬんじゃないかと焦りました。
今年はくじ運がいい年のはずなんですがことの時はまだ
誕生日前だったし、てゆーかチケットの販売じきは4月だったから
前倒しもいいとこです。それなのにいいのか、こんなラッキー。
(後日電車に焦って駆け込んだ時にもれなく足をぐねって
おかしくしたので採算が取れたのかも…?)

その最良の席で映画を楽しんだ後に舞台挨拶です。
5/1は桜田通くん、松元環季ちゃん、秋山莉奈ちゃん、溝口琢矢くん、
沢木ルカちゃん、井上正大くん、戸谷公人くん、森カンナちゃん、
田崎監督、そして中村優一くんが登壇。司会はいつもの麿さんで進行です。

もう結構前なのでどんな話が出たかってことを
もう良く思い出せなかったりしますが良く覚えているのは
ディケイドチームがすごく仲が良さそうでアドリブ人だったこと。
逆に電王チームの方が堅かったような印象です。
ただ、優一くんは特別出演な扱いな分電王チームとも空気が違いました。
通くんがも少しこなれれば上手いこと話を転がせるのかも。

ディケイドチームといえば光家秘伝笑いのツボを
折角みかんちゃんが披露してくれたというのに
メンズ二人が避けて下さるという事態に(笑)
ここはみかんに花を持たせない厳しい態度ってところが
実に士くんと大樹さんらしいなとおもいました。
ツボ疲れて爆笑してもらったらそれはそれで面白かったんだけど
どうやらみかんちゃんのツボ付きは痛いらしいです。
そこで頭を働かせて電王チームのメンズ二人に食らわしてみる
というほどまだアドリブが聞かないところが初々しくて良し!(笑)
で、そのみかんちゃんこと森カンナちゃんですが
特雑誌等での笑顔のなさが気になってたんですが良く笑ってて
とっても可愛かったです。やっぱり柴咲コウに似てると思う。

あとは沢木ルカちゃんがウラちゃんが好きって言う(笑)
いいの?ウラちゃんでと麿さんにしきりに言われていたのがね。
声も可愛いし、何か可愛いと言ってました。
なかなか侮れないお嬢さんです。
でも、言われなければ美少年にしか見えません!
それと通くんがルカちゃん@ユウくんの頭をくしゃくしゃっ
とするシーンがあって私も実際お気に入りシーンなんですが
そこがすごく恥ずかしかったとか可愛いこともおっしゃってましたね。

そして、莉奈ちゃんファンのお兄さんの声援がすごかったな。
さすがオシリーナだなあと思いましたが、
夏のディケイド映画です!
まさかこっちの話題まで飛び火するとは。
どうやらこの日が情報解禁日だったみたいで
上映前の予告にも上映後にも予告が入りました。
全ライダー集結、大ショッカーと気になる単語の連発です。
半年クールという噂のディケイドですがテレビの方も
残すところカブトの世界、響鬼の世界二つとなりましたので
真相がそろそろ分かるはずですが果然映画が楽しみです。
何せ5/1の舞台挨拶で優一くんの夏映画の出演も
情報解禁だったみたいで出るって言ってましたから!
さらに、優一くん、井上くん、戸谷くん、3人から
スポニチの話題も飛び出しまして、永久保存版、是非買って下さい
と言われちゃ買わなくちゃいけないではないですか。
そんなわけで舞台挨拶終了と同時に駅コンビにNEW DAYSに走りました。
同じ目的であろう男性が新聞をじっと見てたんですが
ぱっと見ないんですよ、スポニチの朝刊が。
さいたま新都心での舞台挨拶は最後だったのかな?
終わりが4時くらいだったので時間的にももう夕刊なんですよね。
あきらめきれないんでレジの人に『スポニチの朝刊ありますか』
とたずねたところありました!スポニチ朝刊。
そんなわけで無事ゲット!
駅で電車を待っている時に記事を読んだんですがたしかに。
これはたしかに持っておきたい感じでした。
文章のニュアンスが微妙なんですけどオリジナルキャストで
各ライダーが復活するってことなんでしょうか。
まあ、全てじゃないんでしょうけど、藤岡弘氏とオダギリの名前が
出ておりましたので、オダギリクウガが復活となると
結構お祭り騒ぎなのかなあとも思いました。
何にしても楽しみ。優一くんが出るってことはゼロノスでしょ?
ゼロノスが出るのに電王が出ないってことはないでしょうと
勝手に思ったし、健くんのここ最近のブログの内容が
ちょっと気になるのでもしかしたら健くんも出たりしませんか?と
ちょっぴり気になっていたりします。


そんなわけであんまり舞台挨拶のレポートになっていませんが
超ラッキーな良績で優一くんが立ち位置センターだったので
距離はありますが優一くんの度真ん前だったということが
至福だったということで締めさせていただきます。

昨年5/2の誕生日当日、体育館ベイビーの先行上映でやはり
生の優一くんを見て来たんですが、年に1回くらいは
これからも生様を拝みたいなと思ったりしました。
実に幸せなGWの幕開けでした!

電王 / 00:09



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。