ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

04 | 2017 / 05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はこちらも見ておりました。
渋めの映画なのでやってる時間帯が微妙で大変だった。
でもようやく私もこの映画でエルネスト・チェ・ゲバラのことが
なんとなくわかりました。たしかにかっこいいし、凄い人だ。

映画は若干眠いところも有ります。
28歳はゲリラ線の間に挟まれるキューバ革命後と思われる
ゲバラへのインタビューシーンとか、演説シーンがとにかく眠い。
39歳の方ではゲバラが変装してボリビアに入るあたりが
仕事終わりに映画館に立ち寄ったせいでマジで寝ました。
最初の15分はもう船漕いでる感じで。
退屈なんじゃなくて画面に変化がなくて、またあの
南米系の音楽が眠気を誘う訳ですよ。

でも、どっちも良かったと思いました。
映画で予習してから革命戦争回顧録とゲバラ日記読むと
凄く良く理解出来るんじゃないかなと。
あと、いまからモーターサイクルダイアリーズを
みるのもいいかと思いました。

なんか作品の感想になってるようで微妙になってねえな…
ゲバラがカッチョイイ!ということだけは確かにわかる映画でした。
感想感想。そうですね、39歳のエンディングがね…
最後にゲバラが捕まって射殺されるシーンが
ゲバラの目線で描かれてて打たれた後に徐々に暗くなっていく。
で、遺体を担架にくくりつけられてヘリで運ばれていく。
そして本当に最後のシーンは希望に満ちていた頃の
キューバに渡る時の船の上で目を輝かせているゲバラの姿で終わるんですが
その後のエンディングロールがまったく音無し、無音なんです。
音楽とか一切つかない。それがまた切ないというか、
ゲバラに憧れてる人々の彼に対する想いと言うか
これも演出の一つだと思うけど絶妙でした。

39歳の方で描かれているボリビアのゲリラ活動は
全体的に何となく上手く行かなくて軍に洗脳されてしまった
ボリビア国民たちがゲリラを裏切るシーン等
かなりシビアで痛々しいシーンが多かったけど
作品としては39歳が私は良かったと思いました。
気軽に見られるカジュアルな映画じゃないけど
たまにはこんな映画もいいと思う。
もう1度見るとまた違った感想が出て来そうです。
映画 / 16:34



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。