ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

05 | 2017 / 06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…なるものを来週当たり開催予定である。
なんじゃそら。

ええと、一日に映画館で3本見ようと言う計画です。
さすがに疲れるかな。いや、こうでもしないと消化できない。
住民税も払わねばならない、今月はボーナスでなかったのに
ボーナス払いもある、苦しい。どうする、どうする。
とりあえず見る予定の映画を自分備忘録。

「仮面ライダーキバ魔界城の王」(2回目。)
「ダークナイト」
「スカイ・クロラ」
「デトロイト・メタルシティ」
「崖の上のポニョ」
「20世紀少年」
「シャカリキ!」

以上、上三つをマラソンしようかと。
というか某映画館で上の三つはマラソンできるスケジュールだったのです。
今まで一日に映画のはしごは2本が最高だったので限界にチャレンジ。
あとの順番は適当ですが。見事に邦画ばっかりな上
漫画原作ばっかりだ。いくつ消化できるんだろうな。
そしていくつ満足いくできなんでしょうね。
2月もこうして同じように羅列したのに1個しか見られませんでした。
よろしくないですね…
その上某映画館のポイントが失効し、1回ただで見られたのに
その権利さえも無駄にして本当にショックだったのです。
貧乏性だからさ、今度こそそのような失態はおかさないぞと
頑張ってスケジュールを組んで消化に当たります。

今日印刷所に問い合わせたら28に何か出そうと思うと
9月半ばに入れなきゃならんことが判明しました。死ぬ、死ぬよ。
世の中の兼業さんでばりばりやってる方は
時間の使い方とかものすごく上手なんでしょうね。
そう言う人の部屋はいつも片付いていそうだな…
よけいなものが視界に入らないから何事にも集中できそうだし

私は根本的に掃除の仕方が間違っているのだと思う。
一度掃除のプロに掃除を教わりたいです。
なんとかしないと…掃除機もいい加減かけたいよ。

ここから先は昨晩知ったあることについて。
上の話題と全く無関係なので続きに書きます。


本題とは何の関係もありませんが
昨夜調べものをしていて某巨大掲示板のとある板に行き着きました。
そこからさらに色々と飛んでったらショックなことを知ってしまった。
好きだった方がそんなことを、と思うとやはりショックです。
しかも疑惑どころがあんなに真っ黒、しかも数も尋常じゃない。
あれは…さすがに悲しい。
背景のトレス事態は悪くないけど人の写しはよく、ない、よね…
そして構図、いつも凝ったかっこいいものを描かれてて
センスいいなあと思ってたらオリジナルじゃなかったと。
ポーズや構図が一緒の模写ではなくてトレスだって
完璧にわかるくらいくらい重なっちゃってるのがなお悲しい。
巧いんじゃなくて完全な写しだったのかと残念です。
雑誌掲載も見送られるらしいし、新刊も発売延期、
既刊も出荷停止扱い。今後どうなるのだろう。

すっごい有名なプロだって全くトレスや模写をしない人は
おそらくいないと思うんですよ。今やってなくても
過去練習や慣れのためにやってますよ。
漫画に限らず、絵画だって模写という授業があったりしますよ。
けれどそれはやっぱりあくまで練習であり、参考であり習作であり、
本来ならば人見せるようなものでもないでしょうし
そう言うのを積み重ねて糧にして
自分の中で変換して全く新しいものを作り上げるのが
クリエイターというものではないかと思うのですがどうでしょう。
(漫画家さんの記念本とかで雑誌写真の模写とかは見たことありますが
目的としてはやっぱりデッサン練習のためで
そういうスケッチを写真で載せてるとかそのくらいですよね)
どこかで見た、とても印象的なものが頭に残ってて
知らず知らず似たものを作ってしまったとか、
本当の偶然というものも世の中にはありますけど
あそこまでだとさすがに言い逃れできないし、
本人も即認めたってことらしいですが…

ネット上ではかなり知れ渡ってた話題だったみたいです。
しかし私のように全く知らない人もまだまだいるように思います。
本当に昨日はじめて知りました。ショックでかかった…
知ってしまって、あの尋常じゃない数の検証画像を見てしまったあとでも
あまり信じたくないことなのであえてお名前は書きません。
なんか悲しい…

だけど、この方の対応は今まで数あげられて来た
盗作、盗用、著作権侵害ということに関しては
かなり誠実な対応と言うかきちんとしているなとは思いましたが。
検索すると検証サイトってたくさん出てくるけれど
たくさん出てくる中で指摘されて対応した人ってどれほどいるのか。
全く野放しというか、本人が認めない限り
契約してる出版社も動けないとは思うけど
指摘されても指摘されてもそのままという作家は結構いますよね。
認めて、謝罪文を出して活動自粛ってしてるだけでも
エラいんじゃないかと思います。
作家生命たたれてしまうか、それともそこから這い上がって
かつてのポジションをもぎ取り返すのか
この方の真の力がこれから見られるかもしれない訳か。

現在この方の単行本は既刊ですら出荷停止になってる訳ですが、
相当な数の写しをこれまでにやって来てしまっていたようなので
それをどうするのか。書き直すとかするのか
そのまま絶版扱いになるのか…
書き直すのも相当大変だろうけどたとえばあの
一番長いシリーズを全ページ書き直しとかしたらすごいと思います。
全く別の漫画になりそうだけど。
萩原一至がバスタードを完全版としてちまちま改稿してるけど
あれはパソコン使ってるし、全部を全部書き直してる訳じゃ
ないし、何せ遅い(笑)
肉筆で全編改稿なんてやったらそれはそれで伝説作れそうだな…
で、それを再出版とかしたら間違いなく売れそうだ。
未完のまま絶版になる可能性も多いにありますが…
だからって同人誌で完結とかはちょっと嫌だな、
元同人さんだけにこのまま業界を干されたりすると
可能性としてなくはない感じになりそうでいやだ。

そういや私あのシリーズの一番新しい単行本買ってなかった…
もうないかもしれませんね、新刊書店には。
今度ちらっと見てみよう。

◆何か感じたらクリックお願いします◆
映画 / 02:58 / CM[0]




コメント


管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。