ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

08 | 2017 / 09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更なんだけど見ました。
もうこのタイミングを逃すと10月くらいまで見られないんじゃないかと
思ったので思い切ってみましたよ。

で、そ~!そうなんだよ!!って思わず声に出して言ってた…
私が最初にハチクロを手にしたきっかけは
仕事中に中身を見て、だったんですが中を見て買うに至った訳は
美大が舞台だったから。ホントこれなんですね。
なんていうか…私の送り損ねた青春があった気がしたんです。
ハチクロには。
だから恋愛ものと言うよりも昔を懐かしみつつ
自分にもあったかもしれない青春にあこがれを抱きつつ読んでたんですが
割と最初から私はハチクロを恋愛漫画としては読んでなくて
まず最初にずしんと来たのは竹本くんの普通の人なところで
私も全く持って普通だから周りにいる天才や秀才に押しつぶされる重圧が
なんか分かりすぎてつらかったてのがあったんですが
だんだんと読み方って本当に変わってくるんですよね。
笹峰あいちゃんが言ってたけど私も後半は修ちゃん目線だったし…
まあ、年齢的にも修ちゃんが一番近かろうと言うのもありまして
(多分修ちゃんと森田の間くらいなんだと思うけど)
だんだん大人の目から読むようになってくると本当に
全然違う物語に見えてくるんですよね、ハチクロは。

確かに誰も不幸にならない最後は切ないながらも全員が
明るい方に向かって行けるラストで素晴らしいんですけど
私、岡田さんがおっしゃってた、はぐちゃん=モンスターってのも
うん…分からなくないんですよ。彼女が怖いってのも分かる。
岡田さんの感覚は分かる人には分かると思うんだよな。
私もちょっと感じたことがありました。
特に後半。物語の後半はすごいんだけど
私がハチクロ読み始めて現在に至るまでを一つすると
その期間の中に置いて後ろの方に来るほど
読み返せば読み返すほど結構そう思います。
怖いだと適切じゃない気もするんだけどうまい言葉が見つからない。
だからとりあえず岡田さんに乗っかります。
常にそう思ってる訳ではないんだけどね…
本当にゲストの皆さんおっしゃってたことがすべて分かるなあと
そう思いつつ、見てました。
光の話とか、はぐちゃんは神様をみた人だからって下りとか
なるほどなーと思いました。

ちなみに…私が一番ぐっと来たところはやっぱり何度も言うけど
修ちゃん、原田、理花さんの3人の関係性の部分で、
その三角関係は実は竹本、森田、はぐの3人の将来をシュミレートしてる
って意見を聞いて、そうか~と思ったんですが
そのシュミレートが正しいと不幸なんですよね…?
でもきっとそう言うところには着地しないんだろうな、と
ちゃんと明るい方に持って行って終わってるのがすごいな、本当に。
あと、岡田さんの10年後のはぐちゃんと修ちゃんの関係が
どうなってるか想像すると怖いっての。あれもね…
はぐちゃんをモンスターととらえた人にとっては確かに怖い。
私もちょっとそれはぞっとする部分があるんですが
(はぐちゃんと言う希有な人と普通の修ちゃんて組み合わせの
将来が怖いってより、私の場合はあの二人の血の関係が怖い…)
他のコメンテーターさんたちがそんなことはない!と切り返したのが
すごく印象的。ネガティブに読んで行くと岡田さんの意見は
とても良く分かるんですよね。大学生を普段教えてて
ハチクロの世界ととても良くにた若い人たちに接しているからこその
意見なんだけど一瞬でもあの世界を体験した人は
岡田さんの言うことも分かると思うんですよ。
でも、みなさんのいうようにはぐちゃんの選んだ相手が
他でもない修ちゃんだったから、だからこそ大丈夫なんだってことを
それぞれ力説されててみなさんハチクロ愛してるなあ、と(笑)
修ちゃんは原田と理花という二人の大切な存在がきっかけで
教師になったけど、すべてははぐちゃんへの伏線だったと言うか…
修ちゃんが先生だからつぶされずにはぐちゃんを受け止められる。
だけどはぐちゃんが修ちゃんじゃなくて森田を選んでたら
それはもう怖い10年後が待ってると思う。
竹本くんだったとしても怖い10年後なんだけど
それはすごいことに竹本くん自身が自覚するシーンがある。
(これすごいなあと何回読んでも思います)
修ちゃんであるから大丈夫だってことがきちんとお話の上で
証明されてるってのはとても納得出来ました。

で、私が一番最初に泣けた冬のキリンと観覧車のところは
夏目さんの視線誘導のところでも取り上げられていたし
なんかこう…そう、深いんだよ、ハチクロは!と改めて思いました。
でもファックスとかメールは恋愛漫画としての意見が多かったね。
まあ、そこまで読み込んでハチクロ読んで落ち込むところまで行く人ってのは
まれなんでしょうね…私は最終的にハチクロを読むと
元気づけられると言うより落ち込む。でもそれがいいの。
落ち込んだ上で、開き直ると言うかそうだよねと納得すると言うか。
ただやたらに元気になれます!ってのじゃないんだけどそこがいいのです。
自虐体質だから。自虐の歌、読もうかな…(関係ない…)

皆さんここが来たってところをそれぞれ紹介してて
みんなそうそう、って思ったけどわたしがすごく引っかかった
竹本君が出会ったおばあちゃんはさすがに出てこなかったな。
私、ああいう、ハチクロの前々メインキャラでもなんてもない人が
ちょいちょい出てきて主人公たちに関わりもつところが
すごく好きで、竹本くんの自分探しは全編に渡ってすごく好きです。
あのおばあちゃんのところは何度読んでも泣く。

でもあゆのこととか恋愛漫画の要素を全く無視してるって訳ではなくて
そう言うキラキラした部分もちゃんと楽しみながら
共感しつつもふかーくもぐって行くべき物語だと思うのです。
ハチクロのことは語りきれないよ…
前にもらったハチクロバトンも当たり障りないことしか書けなかった。
でもマンガ夜話で私が何となく思ってたことがだいたい
言葉になってました。そういうことなんだよ…
改めて全巻読みたくなったな…ハチクロは人生の教えである。
ハチクロ / 04:14 / CM[0]




コメント


管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。