ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

08 | 2017 / 09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、シャカリキです。
映画化、そしてメイン3人にD-BOYS起用、さらにさらに
ハトが中村くんというとにかく発表の時点が
クライマックスにテンションが高かった訳ですが
撮影も無事クランクアップされて、公式サイトも
若干手が入り、さらにドイツの天然炭酸水ゲロルシュタイナーとの
コラボなんかも決まり、なんか色々と見えてきました。
さきほどね、そのゲロルシュタイナーのサイトを見てきましたら
シャカリキ&D-BOYSコラボの特別サイトが出来ていて
その中のコンテンツでいくつか分かったことがあります。


シャカリキサイドの方のスペシャルコンテンツに
テル、ユタ、ハト3人のマシンについて載ってます。
原作読みの方、ソラで言えますよね。ではいってみよー。せーの!
ビアンキ(イタリア)、ルック(フランス)、パナソニック(日本)!
これが本来のそれぞれのマシンです。
が、そこは映画ですからおそらくスポンサーやら
タイアップやらの問題があるんでしょうね。
テルがビアンキなのはきっとS田先生の好みかと思うけど
(それか、老舗メーカーってところがテルっぽいとか?)
ロードレーサーとしてサラブレッドというか
非常に恵まれた環境にあるユタは
現代的かつ都会的でスマートな印象のLOOK…だけど
高校生の癖してみんなして高級ヨーロッパ製フレーム乗りでは
あまりにも現実感がないってことで、
自転車に魅入られる経緯からしてハトに関しては高校生らしく
国産フレームのパナソニをあてがったと
単行本でS田先生もおっしゃってましたけど
映画はまさしく日本の高校生らしく(?)3人ともパナソニ車です。
…私はビアンキ車のルックスがものすごく好きで
テルのマシンはビアンキ以外無いと思ってたのでかなり残念。
そして色も赤なんですよね。赤…
何で赤にしたかはちょっと想像がつくんですよね。
多分、マイヨグランペールの赤い水玉がヒントになったのではと
そう思ったんですがいかんせんビアンキ=チェレステブルー
という印象が払拭できないので違和感…
ってまあ、実はこの話はさほど重要ではないんですね。
ただ原作をこよなく愛するものとしての
主張を入れずにおれなかっただけです、すみません~
シャカリキに関してはうるさいです。
S田作品はみんなすばらしいけれどシャカリキが
今読み返しても一番だと思いました。
昴の方が作画は洗練されてるし、Capetaの方が
ストーリーのスケールがでっかいけど
それでもシャカリキはそれ以降のS田作品にはない
真の熱さがありますからね、本当に熱い作品です。
(このシャカリキという作品の魅力を余すことなく伝えている
紹介サイトを見つけました。
私が言いたかったことをすべて言ってくれております。
本当にその通りなんです。特に愛蔵版じゃ駄目だってくだりなんか
本当にマジでうなずける。シャカリキは何が何でも
単行本で入手すべきです!!是非ご一読を!)

で、本題ですが。
ユタもハトも1台ずつのデータしか出ておりません。
が、テルのみ2台分のデータが出ている。
…ということは?
あるってことですね、あのシーンが!
どの程度のことになるか分からないけど、2台あるってのは
そう言うことでしょう?うーわ、ドキドキする!
ますます楽しみになってきました。

それから、そのコラボCMがオンエアされるのも楽しみ。
CMって奴は偉大だ。
短いけれど結構な回数電波に乗ってたくさん見られる訳だから。
これでもっと認知度が高まるといいですね、お三方!

実際の映画がどんな感じに仕上がってるのか
ユタが亀校の生徒じゃなくなっててどういう展開になるのか、
ハトは果たして先輩なのか、下手したら同級じゃないのか?とか
気になるところがたっくさんあるんですがそれは見てのお楽しみ…
ああ、本当に近くの箱でやってくれるといいなあ。







余談。

シャカリキの公式サイトの作品紹介を何気なくクリックして
読んでみたら『昴』のことも書いてあって
黒木メイサですって?!そうか~な、る、ほ、ど~
もしかしたら新章の帯とかに書いてあったっけ?
覚えてなかったんでおお!と新鮮に受け止めてしまった。
悪くないかもしれません。昴も見に行きたいなあ。

◆何か感じたらクリックお願いします◆
映画 / 22:30 / CM[0]




コメント


管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。