ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

06 | 2017 / 07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えーと。電王カテゴリでアップするか否か迷ったんですが
一応映画のくくりにいたしました。
中村くんが出ていなかったら間違いなく見に行ってないってのも
本当なんですけど私は割とこの映画良くできてると思ったので
映画カテゴリにまじめに感想書きます。
ネタばれるので続きへどうぞ。


まず、この映画の注目すべき点はもしかしたらもう1本の
『同級生』も見ないと100%楽しめないというところです。
体育館ベイビーだけを見てきてやっぱりそう思いました。
いやね、体育館だけでちゃんと成立はしてるんです。
しかしいっさい説明のないシーンが何個か挟まってる訳です。
それが同級生を見ることで補完されると。
おそらく逆もしかりということなんだと思います。

さて、感想と行きますか!

最初にもいいましたが私はおおむねこの映画はよくできていると
そう思いました。すっごい良かった、何度でも見たい!
というのとも違うんだけど…そうですね、比べた対象を正直に申し上げます。
『20歳の微熱』『翼のかけら』『プリンセスプリンセスD』
この三つと比べました。がっちりBL映像とややBLはらみ映像ってことで。
ちなみにBLとして体育館は『やや』レベルですね。
まず、なぜおおむねよしの評価なのかと申しますと
1本見ても飽きたりとかつらいなあと思うシーンがなかったことです。
これは20歳~をビデオで見た時に思ったことなんですが
BLである以前に映画作品として結構つらかったんですよね。
動きのない長回しカットの多用で見ていて本当につらかった。
クライマックスシーンを早送りしてしまいました…
体育館にはそう言うのはなかったです。
あの頃よりも格段に邦画の質が上がったせいだと思うんですが
この映画は割とテンポ良く進むし、カットは割も細かめに感じました。
こういう映画にしてはホント、長回しが少ないなと思いました。
それだけじゃなくてプールのシーンが多いのもあって全体的に
ブルーがかった寒色系の色味の映画でこういうテーマには合ってた。
映像はとても美しくし上がってます。

それから、男の子同士の三角関係を描いてますが生々しくなくていい。
村井が唯一かなり突っ走った痛い子なんですが(笑)
それでも2回あるキスシーンがどっちも割と普通に見られるというか
必要以上に嫌らしい演出じゃないんです。
プリプリDはしてないんですけど演出がやらしい…
してないのにものすごく恥ずかしいというか
設定自体が不自然なのでとにかく見ていて叫びだしそうな恥ずかしさでした。
翼のかけらはお話の上ではキスしてるんですけど
おそらく役者さん同士させてないと思ったのですよ。
(カメラアングルで口元見えないようにしてたしさ)
でも演出がこれでもかとBLを強調していたし、裸ベッド有りですし
ああもう…と、ちょっと見ていてげんなりとしたんですねえ…
それが体育館は非常にさらりとやり過ごすと言っちゃ何ですが
過剰なことをしていないので実に自然に見られたなあと。
で、これ以上のことは特にないですし。
そうそう、現在放送中の『ラストフレンズ』の1話の最後に
みちること長澤まさみとルカこと上野樹里のキスシーンがありました。
アレは映像美しかったですね。
もうあれくらいさらりと見られた。
体育館ベイビーのキスシーンも過剰演出なしで美しい感じ。
ほかのBLものでも過剰演出しないであれくらいさらっと行けば
逆に印象がいいのになあと思ったのでした。
なので思ったより全然普通の映画!BLっぽさは薄いです。
三角関係が最後にどうにかなるということでもないので
中村くんがどっかのインタビューで言ってた通り
男の子3人の友情ものっていってもいいくらいです。

あとは…笑わせようと思っている訳ではないのは
本当にね、百も承知なんですが…
面白くてしょうがなかったです。
見ていた人みんな同じ気持ちだったと思います。
とにかく村井が濃いキャラで村井がすごいのです。
痛いし、恥ずかしいことぽんぽん言うし
やってることも相当ええーーー?!って感じでよく考えると
つらい方向に行っちゃうのか??という感じなんですけど
高橋くんの演技のせいなのか、監督さんの演出のおかげなのか
いやらしさとかよりもなんか面白くなってしまう…
コメディ映画じゃないと思うんですけどあの会場での笑いの
起こり加減が…BLとか詳しい客層に違いないと思うんだけど
そう言うお客さんだからこそ笑っちゃうのかなあ?
でもそこが救われている部分と言うか間口を広くしているところでもある。

あと、原作を読んでませんがきっと原作自体がさりげないんだと思うんです。
同級生を読んだ時に、ああ、ベタな話をさりげなく描く方だなあと
そう言う印象だったので、きっと体育館もそんな感じなのではと。
第2回JUNON恋愛小説大賞の受賞作品集がどうやら出る?出た?らしく
そちらに原作も収録されているようなので読んでみようと思ってますが
さらっとした原作をそのままさらっと演出して、
役者さんたちもさらっと演技してくれたからこの映画は良かったと。
そう言うことじゃないかなと思います。

あとはね…みんな可愛いので癒されます。
是非癒されに劇場まで行ってみてください。
私は同級生も見に行くつもりです。


さて、感想はこんなところ。
しかーし、実は感想はこれだけではない…
表向きではない感想がまだ続いたりします。
そちらの感想に興味のある方はそんなに期待せずに
ウラへ行ってみてください。
もう少し突っ込んだこと書いておりますよ☆

◆何か感じたらクリックお願いします◆

ジャンル:映画 - テーマ:映画館で観た映画

映画 / 01:27 / CM[0]




コメント


管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。