ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日に戻れたら (JUNON NOVELS)
先日、休憩を外でとった時にさくっと読みました。
先行上映もすぐそこまで迫ってきているし予習です。

読んでみた印象として普通の小説だと思いました。
じゃあ普通じゃない小説って何なのさということですけど
『ケータイ小説』ということは気にならなかったというか。
縦組で、書籍になった状態で読めているってのも
非常に大きいかと思いますけど読みやすかったです。
そしておそらく映画はすごーく色んなことが付け足されて
オリジナルな感じなっているのだろうな、と。
それは推測できました。
ホントに短い小説なので映画にするにはエピソードが少ない、
それ故なんでしょうけれど柴原が水泳部とかさ、
水泳部を辞めなくちゃ行けない下りとかさ、
同級生を読む限りでは全くない要素でした。
でも原作はいい感じに切なくて、きっと同級生は映画になったら
映像が美しいんだろうなと思いました。
なんでこう死んじゃう系に弱いかな私は…べただなあもう。
というかね、『体育館ベイビー』の方も原作読んでみたい…
出ないんですか、というか出ていないんですかね読み物としては。
多分、体育館~は主人公が柴原じゃないんでしょうね。
映画はどっちも柴原にしてあるって書いてあったし。
で、あの同級生とどうつながるのか気になりますよ。
だって、同級生の方は普通に普通のちょっと切ない感じの
男の子と女の子の恋愛ものでしょ、それがどうなるって?
どっちも見るとなぞが解ける的なことを映画のサイトには書いてあり
それがまた同級生を読んだ今一番謎なんですけど。

はーそれにしてももうカウントダウンだなあ。
あと三日…ということはあと三日で私もまた一つ歳を…
ということはあまり考えたくありませんねー
しかし先行上映は楽しみ、ということです。
映画の舞台挨拶なんて何年ぶりに見るんだろー
もしかして高校生の時に早朝並んで入った『家なき子』以来?
…そんなこともあったっけ。
そう、もう14年くらい前ですが光一さんを見に行ったのでした…
なっつかし。

ジャンル:本・雑誌 - テーマ:読んだ本。

読書 / 23:41 / CM[0]




コメント


管理者にだけ表示を許可する


 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。