ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

06 | 2017 / 07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、ずいぶん遅くなりましたが
『3月のライオン』1巻がついに出ました!
10話目まではアニマルで読むんだと
そう誓っていたのに年末年始のごたごたで
くじけてしまっていたけどやっとつながった。

単行本に収録された部分はアニマルで読めていたので
新しい感想というよりも1冊としてまとまった、大きな物語としての感想。
1巻にはそんな感想を抱いています。
けれど、1話目はもうすでに2007年7月のことだから
すでに半年も前のことな訳です。
繰り返し何度も読んだけどもう、色々忘れているのですよ。
…と、いうか。
ハチクロの10巻も加筆がかなりありましたけど
ライオンはもっと加筆されておりませんか?
月刊ではなく週刊(隔週)で1回の掲載枚数が少なくて
さらに月に2回締め切りがあったりするとやっぱり
描き足りないことが出てくるのかなあと思ったり。
どうも、私が雑誌で読んだものよりエピソードが
足されているように感じたんですけどどうだろう。
部屋中探せばライオンが掲載されているアニマルは
全部あるので比べられますが…私が忘れてるだけなのかな。
本当に私は忘れっぽくて本を読んでもまんが読んでも
映画見たりしてもおおざっぱな流れしか覚えていなくて
細かいエピソードとか全部飛んじゃう方なんですよね…
むー…どうなのだろう?

部屋のそうじをしたときにでもアニマルを見てみるとします…
掃除…マジでしないと…

いやいや、話がずれた。

でね、単行本で通しで読んでさらに感じたのは
将棋の師匠である「おとうさん」の娘香子との関係。
相当ねじれた関係だったんだろうなというのは
雑誌掲載時にも思ったけど全部つながって読むと
うーん…これは…と。
とくにひなちゃんのお弁当のお話を読むとどぎつい
フラッシュバックが出てきますよね。

切ない、恥ずかしい、かわいらしい。
この三つが主軸だったハチクロと比べるとやっぱり
重いというか、暗いというか、人間の深淵に迫っているというか…
実ははチクロって可愛らしい皮をかぶっているけど
結構私自身は身につまされるような話で、
(それは実らなかった恋に意味はあるのかというテーマではなく
竹本くんがずっと抱えていた不安だったり、
先生が原田と理花に対して思っていたことに近いのですけど)
ギャグも効いてて面白いけれど鋭い話だと思ってました。
でもライオンはもっと鋭くて、ハチクロではオブラートに包んだ部分を
もっとストレートに、というかそこを主軸にしているお話なんだなあと
実感して、心の奥の方に、なるべく表にでこないようにしまってある
なんだかちくちくする部分を刺激されるなと改めて思いました。

しかし…
やっぱりなんでアニマルが掲載誌なのかわからないんだけど
だからといってYOUNG YOUじゃない。
というか、集英社の匂いじゃない。
アニマルは白泉社です。大人の事情でつながってるけど違う会社。
白泉の現行雑誌で考えてみると…
花とゆめでもないし、LaLaでもないし、かといってメロディとも若干違う…
本当に正直ライオンにぴったりハマるような媒体誌が現時点では
ないような気がします。
ちょっと昔のLaLaだったら合ってたかなあと思うんですが。
(そう、ギリギリで成田先生がALEXANDRITEを連載していたくらいまで。
本当はもっと前の感じ…山岸先生が描いてた頃とかだとかなりいい。)
今の白泉の女性向けはやや低年齢向け=花ゆめ
恋愛もの=LaLa、大人向け=メロディって感じのカテゴリで
ボーダーレスなウミノさんの作品は言ってみればどこでも入れるようで
どこにも合ってないんですよね。難しい。
だからアニマルなのかなって。もうこうなったら絶対ない!
ってところに入れちゃったんだろうか思いました。
あと、単行本化した時の体裁を考えたのかなとか。
ウミノ先生の感じと花ゆめコミックって合わないもんな~

とまあ、かなりどうでもいい話が続きましたが
3月のライオンはハチクロ同様またすごい作品になる予感が
びんびん、羽海野チカという人の才能が冴えまくりの
すごい作品になるぞと期待せずにはいられない1巻だったと思います。

そして、続きが読めるのあおりとクリアファイルにつられて
またしてもアニマルを買ってしまった私でございました。
は~やっぱり本当に大好きです、ウミノさんが。

3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)

ライオン / 15:27



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。