ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

03 | 2006 / 04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月初めのビブロスショックからこっち、このブログもわけあって
引っ越しを余儀なくされました。
ビブロス倒産がうちのような全くのマイナーブログにまで
影響を及ぼすくらい反響があったことに今でも驚いてます。
たかが私何ぞの書いたものですらあんなことになるわけですから…
(詳しい事情はお話し出来ませんが、まあ、色々あったんです)

情報の早い皆さんはとっくにご存知でしょうけれど
ビブロスさんのその後なんですがビーボーイ部門を
アニメイトさんが買い上げたんですってね。
こちらを参照
私はこの話はとある業界筋の方から聞いて知ったのですが
もう公式発表されていたんですね。
もともとマガビー発作品のCDやビデオもこちらで販売されていたので
妥当と言えば妥当な企業が買い取ったわけですね。
書籍なのでムービックの扱いになるんでしょうか。
まあ、何にせよ良きことです。
これで私の楽しみにしていた単行本の続きもいつかきっと出る!良かった!

そして気になるのは今後各雑誌のリニューアル創刊はいつになるのかと
ビブロス時代の単行本の扱いですよね。
うちの店ではビブロスのラスト刊行となったマガビー5月号と
BBCとSBBCとビーボーイノベルスの古いもののみ店頭在庫として
現在も変わらず販売を続けております。
マガビー5月号に関しては通常通り返品すれば入帖していただけそうですが
単行本関連はもう引き取ってもらえないので売れるうちは売るぞ、
という姿勢な訳です。まだ売れるので不良在庫には今のところなってませんが
このままだとそのうちそうなってしまうわけです。
が、アニメイトさんが買い上げたとなると…
正式に業務が再開したら引き取ってもらえるんだろうか?
ソニマガとかどうだったけな…もう忘れてしまったよ…
現時点でビブロスの単行本は絶版扱いとなり
やっぱり注文はできないんですがその辺もどうなるんだろう。
びっくりするほど出版業界側からの情報が入ってこないので
(取り次ぎとか、うちの本部とかからの情報はいっさいない)
早く情報流してよ!と毎日のようにN版の書店向け情報ページや
N版速報を見てるんですが…
まだなんにも決まってないってことなのかなあ。

とにかく早く復活して下さるといいですね!


と、書いたあとにこんな記事を見つけてしまった…
新文化-出版業界紙-てなわけでここから追記。

新会社設立して
ビブロスの債務はいっさい引き継がないって!
きゃー!!
てことは…やっぱ不良在庫決定か・・・・・・・しょんぼり。

でもできたら6月から始めたいとおっしゃっている…
そうですか…仕方がないけど待ってます、頑張って下さい!!
スポンサーサイト

◆何か感じたらクリックお願いします◆
漫画 / 17:18


実は今仕事中なのですが仕事中にざっと立ち読みした
コーラス6月号がやばすぎたので人の目を盗んで
チラッと更新です。

ハチクロ、、久々に泣きそうになってしまいました…
鼻の奥がツーんとなった。
詳しいことはまたあとで。とにかく今月号すごいです。
早く仕事終わらないかな…5時まであと3時間…



というわけで仕事が終わってきたくしてから早8時間あまり…
ここからが本番でございます。
既に↑のしょうもない文章を読んで下さった皆様、
大変大変申し訳ございませんでした。
もう、人手不足でいつもよりオーバーシフトのオーバーワークで
非常に疲れてます…もう若くないのでダメダメでゴザンす。
富豪刑事まではなんとか粘っていたもののその後バッタリ。
今週のクロサギは見られませんでしたとさ。

無駄話が長くて申し訳ございませんでした。
さー今回は描きますよ、ネタバレを!だからコミックス派の方は
この先は読まない方がよろしいかもです。じゃ、よろしく!

◆何か感じたらクリックお願いします◆
ハチクロ / 14:13


はい、3話目です。
今回は黄輪フィメールのトップチェンが登場です。
原作のチェンはなかなか凛々しくて素敵な女性。
アニメではどうかな?と楽しみにしてたんですが作画もきれいだったし、
声もイメージと合っててかっこ良かったですね!
やっぱり好きかも、チェン。
で、チェンが出てくるとサードとの関係が気になってくるわけで
今回その辺りも描かれるのかしら~と思ってたんだけど
ちらっと話題が出たのみで終わってしまいました。
原作にあったサードとチェンのラヴは来週あたりであるんですかね。
小栗旬君のサードは相変わらずささやいていて(笑)あのささやきで
ラブシーンか、と思うとそれはそれでなんだか…いやいや。

それはさておき、やっぱりやっぱり高山みなみさんの少年は良い!
トールが回を重ねるごとになんかかっこ良く見えてくる…
みなみさんの声がほんとーにいい。
双子のラーイもやっぱりみなみさんだけどみなみさんには
やんちゃさをはらんだ活発な男の子を演じていただきたいと
コナンを見ると常日ごろ思っていたので非常に嬉しいです。
コナンを否定してるわけじゃなくてね、
コナン君て確かに可愛くて、賢くて、ちょっとこまっしゃくれたところが
なかなか素敵な小学生なんだけど中身は高校生の真一な訳で、
考え方とかは大人なんですよねー
そうじゃなくて、純粋に子供を演じるみなみさんを欲してたわけですよ。
もうトールはドンピシャ!みなみトールが良すぎて
なにかもう、光一さん出てくる前にかなり満足してしまっているなあ。
OPは今週で3回目。3回聞くと耳になじんできて、
獣王星を見ているなあという気分になってきました。
シングルの発売っていつなのか知らん。買うかどうかはさておき、
フルコーラスで聞いてみたいな、と思いました。

さて、来週は第4話。
サブタイトルは『挑戦』…ついに挑戦ですかー。
青年トールは6話から!とわかっていながらも何か緊張が走ります。
挑戦まできたらあと少しだなという印象なので。
元々の全5巻の単行本だと、この辺りはどの辺に収録されているのかな。
私は完全版読みなので完全版ですと青年トールの登場は
2巻の2/3くらいのところなんですけどね。
引き延ばされれば引き延ばされるほど色んな緊張感が増してくるゼ…

獣王星 1 完全版 (1)
獣王星 1 完全版 (1)





話は変わりますが~
昨日アップした春ドラマのファーストインプレッションですが
『弁護士のくず』いまいち的なことを書いてしまったんですが
読売新聞の恒例星取りでなんと1位を獲得。そうですかー
ちなみに2位は富豪刑事DXでしたが。
で、その弁護士のくず。
本日の依頼人がなんと片桐はいりさん。
…好きなんだよな。で、今日は医龍じゃなくてくずを見ました。
そしたら1話よりは格段に今日の方が面白かった!
1話って結局導入であり、まだトヨエツと伊藤君のコンビが
全くなじんでなくて、人物紹介って印象も強くて
何となくコントラストのないドラマだなという印象だったんですが
今日はなんだか色々くっきり。
今後面白くなってきそうか、これは!という印象を受けました。
う~ん、来週以降くずを見るか医龍を見るか…大いに迷うと思います、ハイ。

ジャンル:アニメ・コミック - テーマ:獣王星

映像受信箱 / 01:42


春ドラマもすべてオンエアとなりました。
少し出遅れましたが恒例の第一印象です。例によってオンエア順です。

『マチベン』(土曜9時/NHK)
江角マキコの出産、育児からの復帰第一弾のドラマ。
最初の一発目をNHKなのかと思いつつ、コンパクトな全6回の回数と
ストーリーが面白そうだったので見始めました。
1話目の頭をちょっと見逃しているんですが主人公の天地が
殺人容疑で被告として裁判所にいるシーンから始まり、
回想しながらなんでこうなったのかが解き明かされてゆく感じ。
なかなか面白いドラマです。
江角マキコの他に山本耕二、中島知子、そしてジュリー。
何でジュリー?と未だに思ってますが3話目までオンエアされた今も
楽しみだと思えるドラマになってます。

『ブスの瞳に恋してる』(火曜10時/フジ)
民放連ドラの先頭切って始まったのがこれですね。
私、ゴロちゃんが好きなので見るつもりでしたが
原作をぱらぱら読んだことがあるのでどの程度原作が反映されるのかなと
思ってたのですが、バラエティの構成作家とブス、という組み合わせのみが
生きているって感じですね。
内容は特別新しいとかそういうのもないけれど何にも考えず
楽しく見られるかなあと言った感じ。
森三中の村上がブスブスと言われているけれど可愛いしね。
けれど、相変わらずエビちゃんの演技は…
彼女はドラマには出ない方がいいのではないでしょうか。
ブスの瞳に恋してる ブスの瞳に恋してる 2
(漫v画太郎氏のコミック版は5/18発売)

『プリマダム』(水曜10時/日テレ)
さして興味もなく、見るつもりもなかったけれど母が見るというので
なんとな~く一緒に見てしまったドラマ。
が、意外と面白かった…これは穴だった。
人のいい主婦の佳奈(黒木瞳)がなんだかとっても健気でいい人なんですが
その主人公と幼友達だった嵐子(中森明菜)の非常識っぷりが
ちょっと面白いです…息子に変な人呼ばわりされちゃったり。
けれどその常識のない嵐子さんは実は余命幾ばくもない。
あとあと、加藤雅也のバレエもある意味必見かと。
それから、本日放送の3話にR平さん出演(笑)
詐欺師かと思たら保険屋さんでした。相変わらず妙な役です…
けど、このドラマ、本当に馬鹿にできないし私は面白いと思います。

『弁護士のくず』(木曜10時/TBS)
医龍と天秤にかけて1話はこちらを見ました。
トヨエツが三枚目をやっているらしいので興味があったんですが
思ったより印象の薄いドラマだった…
キャラは面白いのにもったいない。法廷のシーンとか、
法廷に至るまでの弁護士としての九頭さんの働きとかの描かれ方が
ちょっと物足りなかったです。
弁護士のくず 1 (1) 弁護士のくず 2 (2) 

『医龍』(木曜10時/フジ)
医龍は初回が少し長かったのでくずのあとにこちらを見ました。
これはねー原作は面白い…面白いんですよね。
だけど朝田龍太郎がどうにもこうにも坂口憲二じゃない!
と思ってたのですよ…だからくず見ちゃったの。
けど、展開はほぼ原作通りみたいだし、原作に登場する
おかしな医者たちがほぼそのまんま登場するし、
ドラマとしてはこちらの方が面白そうです…と言うわけで
2話以降はこちらを見てしまっている私です。
医龍 1?Team Medical Dragon (1) 医龍 11?Team Medical Dragon (11)

『クロサギ』(金曜10時/TBS)
こちらも漫画が原作。本当に近頃は何でも漫画に頼り過ぎだ。
が、原作が面白いそうなのでドラマもちょっと楽しみにしてました。
詐欺師だけをターゲットにした詐欺師。
名は体を表すという感じで山Pはお仕事中以外の私服は
いっつも黒ずくめで髪も真っ黒。黒髪もいいじゃないですか。
ってどうでもいいか。
そんなクロサギ@山Pに絡んでくるのが堀北。
この組み合わせはどう頭から払ってもやっぱり野ブタ。です…
その上山Pの役作りも彰を引っ張ってる感じで頭の中に
青春アミーゴがぐるぐるしてますが、同じ久山Pの歌う
セニョリータもなんだか頭に残る曲です…てか、変です…
クロサギ 1 (1) クロサギ 9 (9)

『てるてるあした』(金曜11時15分/テレ朝)
昨年同じ枠で放送していた『雨と夢の~』と同じスタッフが
ほぼ同じキャストで作っているやっぱりファンタジー色の強いドラマです。
加納朋子さんの原作2作品をミックスして1本にしてるようです。
今まで健気で可愛い優等生役が多かった黒川智花ちゃんが
ちょっとバカっぽいギャルをやっているのがちょい新鮮。
しかし一番受けるのは毎回ポスターのみで出演している
沢村一樹氏ではないでしょうか(笑)
クレジットに名前も出るけどなんか薄いのも笑えます。
てるてるあした ささらさや

『ギャルサー』(土曜9時/日テレ)
ギャルサーがちょっと長かったときにマチベンを見たあとに
ちらりと見ました。もーバカドラマ。
なぜカウボーイが渋谷のど真ん中で投げ縄?
しかし古田新太のインディアンがはまり過ぎでかなり面白かったです。
けど、見ないでしょうね、今後も…

『トップキャスター』(月曜9時/フジ)
天海祐希さんが相変わらずテンション高いですね!
間宮貴子と同系列のキャラクターです。
その同系列の椿さんのアシスタントで矢田ちゃん。
彼女もちょっと頭の悪そうな感じですが二人の掛け合いが面白い。
フジテレビさんは何年かたつと報道もののドラマをやりますよね。
柳生宏さんがまたまた出てるのは偶然なのか?
このドラマのあまり深く考えずにぼけーっと楽しく見られる
そんなドラマなので割といいかなあと思います。

『アテンションプリーズ』(火曜9時/フジ)
昔々のドラマの焼き直しだそうですね。
タイトルも主人公の名前も同じなのにキャラ設定は激しく違う。
一生懸命やっててもどんくさいとか、どんくさいが
人一倍スチュワーデス(CA)に憧れている、という設定ならうなずけるが
ちょっと好きだった男が「いい」と言ったその一言で
就職試験を受けた、ほとんどやる気ゼロの人間がなぜ
試験に受かったのか、それが謎です。ちょっと設定無理矢理すぎやしませんか。
と、まあその話は置いといて、教官役の真矢みきさんの眼力がすごいです。
設定は無理矢理だと思うけれどCAの訓練過程をかなりリアルに見られるのは
興味深いなと思ってます。あとEDの昔のJALの制服色々が可愛い。

『富豪刑事 DX』(金曜9時/テレ朝)
富豪刑事、なんと第2弾です。2作目やっちゃうんだ!
…と、制作決定を聞いたときに思いました。
そして他のドラマに遅れること3話、やっと始まったわけですが
相変わらず神戸さんちは馬鹿げた大金持ちでした(笑)
そしてフカキョンの衣装もやっぱりゴーヂャス!
キョン、カワええなあ…年々可愛くなるなあ。
1話完結かと思ったらスケールアップしたようで1話じゃ解決しなかった。
江守徹がとにかく怪しいがどんなトリックなのか、
華道の家元との関係は事件とどんな関係があるのか、
次週も楽しみでございます。
それから驚いたのがキャスティングが前作のまま全員引き継がれてるところ。
さいねいあたりはもう出ないんじゃないかと思ってました。
しかし何より寺島進さんがこのシリーズにも変わらず出演されてるのが
ものすっごく嬉しいです!しかし全シリーズよりややキャラが丸くなった?
ヤクザな感じがいいのに~
富豪刑事 富豪刑事 DVD-BOX
(ちなみに筒井康隆氏の原作の富豪刑事は男です。有名な話か)

という感じで第一印象は相変わらず感想って感じじゃありませんが。
今期の印象はずば抜けて面白いドラマはない、と言う感じ。
富豪刑事とマチベンが今のところは好きかな?
先にも行ったけど意外に面白いのがプリマダムです。
だけど~ヘビーなドラマユーザーには物足りない感じの始まり。
終わってみないとわからないけど…どうかなあ、今回のクールは。

ジャンル:テレビ・ラジオ - テーマ:ドラマ

映像受信箱 / 00:20


この記事はブロとものみ閲覧できます
特撮 / 17:38


最近HDをえらい長いことほったらかしにしたままにしていて、
先ほど届いたメガレンジャーのDVDを見てやろうかねと
久しぶりに電源を入れました。
ついでに容量が足りなくなっていないかを確認しようとしたところ…
カペタの週刊予約してたところにアニマル横町が入ってる!!
なんで?どうしてっ?!終わったの?カペタ?
と焦りまくって最後に録画出来ていたカペタを超早送りしてみるも
普通に次回予告やってる…てことは終わってない。
しかし放送時間のこととかもな~んにも言ってないんですけど?!

せっかく久しぶりに電源を落としたばかりのMacちゃんを再び起こし
ネットで検索。すると放送時間、30分前に倒れてるし…
アニマル横町にカペタは負けたのか…がっくし。
アニマルを5:30から放送すればいいじゃんかよーぅ!
おかげで今日気がつくまでに3回分も録画をしくじりました。
正月の朝方放送以来の失態です、テレ東め!またか!!

恨みを込めて今この記事を書いております…
くっそう。うちの店、カペタのDVD入荷してんだろうか?
入荷してるなら欠けたところはレンタルだ、レンタル!!

ジャンル:アニメ・コミック - テーマ:アニメ

映像受信箱 / 17:03


先週の#1放送後に原作獣王星完全版1巻を読みました。
そしたら結構重要な部分がカットされていたということがわかりました。
トールトラーイがキマイラに落とされるときのシーンとか。
その他色々と、やっぱりその通りには行っていないようです。
あれ、はぶいちゃっていいの?いいの?と思いつつの#2です。

#1はラーイが飲み込まれたところで終わり。
原作だとラーイの安否がわからないまま話が運びますが
すぐさまティズに「死んだ」と言われてしまいましたねーうーん…
全5巻くらいの内容なら1クールで十分かなあと思ったけど
やはり詳細にやっている場合ではないらしい。仕方ないのか、その辺は。
ティズは水樹奈々ちゃんでティズの天真爛漫さが出ていてかわいかったです。
そして、そして、オークル・リングのサードが登場。
サードはそう、小栗旬君。先週も書きましたが私は鋼の蒼目アルを見ているので
彼に関しては心配していなかったんですが、
実際聞いてみての感想は小栗君は物腰柔らかな優しげな青年の方が似合う、
と思いました。そう、アルフォンスのようなね。
いや、決して悪くはないんだけどワイルドさには少々かける。
けれど、サードはワイルドさもあるけれど知性と冷静さと狡猾さも
併せ持っている人物だと思っているので聞き慣れたら合うのかもしれない。
原作の印象でサードはささやき系(笑)とは思ってなかったので
今現在では少々違和感を感じるけれどそれは仕方のないことか。
てなわけで今後に期待します。

ストーリーとしては原作のエピソードを順番を崩して
パズルピースのようにはめ込んでゆく形式を取っているようですね。
1巻の最初の方に出てくるトールがラーイの振りをして
女の子の告白を断るシーンが今週入りました。
それから、ティズとサードに反発して飛び出したトールが
いきなり挑戦に出くわすという原作にはないシーンも少々。
一番勢力の有るオークル・リングのトップは4人のトップの中で
最も弱いとされているはずなんだけど…ティズの物言いでは強そうよ?
けど、サードたちの会話を聞くと何かありそうな気もしますよね。
アニメはどう消化するつもりなのかしらん。
まんま原作通りには行かないんだろうからその辺のアレンジの仕方が
楽しみであります、ハイ。
それにしても30分というのは短いっすね。あっという間に
#2も終わってしまった…#3にはチェンも出てくるようだ。

ところで、先日完全版2巻も読み終わったんですが本に挟まってた
白泉社コミックのお知らせチラシにトール青年期は6話からとあったので
エンターテナー光一さんの登場はまだまだ先、ということですね。
本当に後半になんないと出てこないのかー
何かドキドキを引っ張られて嫌な状況です(笑)
OPには青年トール出てきてますけど声がはまるとどうなるんでしょー
そういえばOPにはカリムも登場してますね。ザギも。
てことはぁ、やっぱりそういうことなんですよねー
(原作を知らない方にはネタバレになるので話さないでおきまする)
あああ、気になるぅ~

獣王星 1 完全版 (1)
2巻の画像が未だに出ませんねー
せっかく完読したのに!3巻の発売も楽しみ~

ジャンル:アニメ・コミック - テーマ:獣王星

映像受信箱 / 01:46


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

以前同じ店で働いている仲間に借りたDVDを見ているのですが、
彼女のおすすめは『ベルベット・ゴールド・マイン』でした。
が、それと一緒に同じくグラムロックとかパンクロックを絡めた作品、
またはホモセクシャル系というかそういうのも合わせて何本か貸してくれまして、
先日その中の一本、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を見ました。
(ベルベッド~も見ました。元々これを見たくて貸してもらった)
ご覧いただければ(画像参照ね)お分かりでしょうけれど、
パッケージのインパクトがものすっっっっごくってちょっと引いてたんですけど
実際見てみたら何とも切ない考えさせられる映画でした。

内容は説明が難しいので気になった方は密林さんや、
よそのサイトさんを見ていただくとして(なんて無責任な)
私は私の勝手な感想だけを書きます、すみません。

やっぱり見始めはヘドウィグのどぎついメイクと衣装と
ドラァグクィーン姿にちょっと引いてしまうんだけれど、
ヘドウィグの歌が何とも言えず良いわけですよ。
ジョン・キャメロン・ミッチェルがとっても歌が上手い
ってのもあるんだけれどそれぞれの曲のバリエーションの豊かさに加え、
その詩の内容がぐさっと刺さるような感じで。
性の話とか、愛の話とか、なんかもう色々深いんですね。
特にあの愛の起源という歌はグッと来ますね。
映画を見終わったあとにいろんなサイトの感想を読みましたが
やっぱりみんな何かしら心動かされてる感じがしました。
ヘドヘッドと呼ばれる熱心なファンがいるのうなずけます。
これ、元々オフブロードウェイのミュージカルなんですよね?
日本では三上博史がヘドウィグを演じたとかなんとか。
しかも結構評判がいい。ちょっと見てみたくなりました。

で、現在特典ディスクのメイキングとかカットされたシーンを
見ている途中なのですが、メイキングでジョン・キャメロン・ミッチェルが
イクハツのキャラクター設定を男装している女性にしたらどうかと
アイディアを出したと言ってるんですが、これはあくまでも
キャスティングのアイディアなんでしょうか。なんですよね?
色々なサイトを巡った結果わかったことは
イクハツは元ドラァグクィーンでしかもヘドウィグよりも才能があって、
同じようにウィッグをかぶって歌いたいという欲求があるのに、
ヘドウィグと結婚する際にそれを禁じられ、精神的虐待を受けている、
ということなんですが…そうなんだ…

私、ジョン・キャメロン・ミッチェルの発言を聞いて、
イクハツって女なんだ!と勝手に思ってました。
ヘドウィグとアングリーインチの面々がマネージャーと
打ち合わせとかしてる楽屋裏みたいなシーンで
なぜか何回か赤ちゃん登場しますよね?
あたしはてっきり…
「そうなのか…そうなのね…そういうことか!
ヘドウィグの1インチは機能するんだ!!」
と勝手に解釈しかけました。深読みしすぎだってば。
違うんですよね、イクハツも男なんですよね、うん。

内容を知らない方に取ってはいったい何のことやら…
という記事になってしまったな。ま、いっか。
是非是非ネットで『ヘドウィグ』と入力して検索してみて下さいませ。
グラムロック好きで、ドラァグクィーン、ホモとか大丈夫、
男同士のラブシーンも問題ない、という方ならおすすめ。
私はたいしたこっちゃないと思ってますがけっこう露骨なシーンもある。
比べるようですがベルベッドの方が表現はソフトです。
で、そのベルベッド・ゴールドマインももちろん良いのですが
より切なさを求める方はヘドウィグを見ると良いですよ。





私は…ベルベッド~の世界観は好きだけど、内容はヘドウィグにずきゅんです。
好きっつか、より深く心をえぐられました。

ジャンル:映画 - テーマ:DVDで見た映画

映画 / 01:18


4月からのノイタミナは樹なつみ先生の獣王星。
アニメが始まる前に獣王星完全版をちゃんと読もうと思ってたのに
結局未読のままアニメを見てしまった…

それはさておき、なんといってもこのアニメの目玉はトールの声。
そう堂本光一さんであります。
光一さんだけじゃなくて他にも小栗旬君なんかもキャスティングされてますが
彼が上手いことは鋼劇場版で既に証明されているので
とりあえず安心なんですが…
このキャスティングを見たとき、うわーどうなのどうなの!と
いろんな思いが駆け巡りました。だって、光一さんは
歌手ってより、役者ってより、アイドルってより、エンターテイナーだから。
そして先ほど、1話を見ました。
主人公は双子で、少年時代がから始まり、片割れはすぐにいなくなっちゃう
ってことは知ってたんですが、成人トールは全く出てきませんでした~
ちらっとでも出てこないんだろうかと思ったんですが出ませんでしたね。
そのかわり少年時代のトールとラーイがたくさん出てきて
これまた私の好きな少年声代表の声優さんであります高山みなみさんを
非常に堪能できたなあという気はしました。
トールトラーイが双子でありながらも正反対なので
一度で二度オイシイというか、一回で2回分の楽しみと言うか。
これからあと何回くらい少年編が続くのかわからないけど
高山みなみさんは大好きなのでそれはそれでよしという感じ。

原作をちゃんと読んでいないのでほぼ初見でアニメを見たわけですが
ストーリーも上手いところで次回へ続くって感じですし、
原作のボリュームから言っても1クールで十分描き切れそうなので
今後も楽しみです。作画のレベルも流石のボンズ、クオリティ高いですし。
そんでもって光一さんの初声優も楽しみしております。
ハマれば毎週感想アップもハチクロ以来であるかも知んないぞ(笑)

獣王星 1 完全版 (1)
買ったけどまだよんでない…これから読むっすよ!

ジャンル:アニメ・コミック - テーマ:感想

映像受信箱 / 01:51


映画ハチクロの主題歌が決定だそうです。
主題歌がスピッツ、エンディングが嵐だそうな。
スピッツ…スピッツですかー予想通りですけど嬉しい。
どんな可愛らしい曲なのか今から楽しみです。
そしてエンディングの嵐も作詞/作曲スガシカオの作。
これはハチクロな雰囲気たっぷりになるんでしょうね~
メインボーカルは翔君なんでしょうか。
嵐はデビゥ当時はラップが含まれる曲がメインでしたが
最近はラップなしのしっとりした曲の結構あって、
私は嵐のそういう曲が結構好きです。
(ちなみに嵐の曲で一番好きなのが『とまどいながら』です
『wish』とかもかわいくて好きです。)
ハチクロの主題歌なんだからきっとそういう感じだろう。

早く見たいなー映画!
前売り券はそこらの劇場でも手に入るんでしょーか。
渋谷までいかないとダメ?

詳しい記事はこちら

いよいよ今月でアニメ第1シーズン
(て書けるのが嬉)DVDが完結だ~!
ハチミツとクローバー 9 (初回限定版)
ハチミツとクローバー 9 (初回限定版)



ジャンル:映画 - テーマ:日本映画

ハチクロ / 01:40


フラワー・オブ・ライフ (3)

1年に1冊。気の長いペースで出ております『フラワー・オブ・ライフ』
待望の待望の待望の3巻です!
毎月10冊くらい漫画を買い続けてもう10年くらい経つと思いますが
どの漫画も面白いと思って買っているのは嘘ではないけれど
その作品がどれほど好きで、単行本が出るのがどれほど待ち遠しいかってのは
それぞれ違ってきますよね。あとである程度まとめ買いでいいやと思う作品と
いや、これは今日、とにかく今日買って今日読むんだ!っていうね。
すっかりよしなが信者になってしまった私は間違いなくこの作品はそれ。
本当に1年長かったね、やっと出たね、嬉しいねとそういう感じです。
単行本を買ったときに楽しみが半減しないように雑誌の立ち読みはしない!
を基本としていたのでよしながさんの作品もwingsもメロディも
なるたけ読まないようにしてましたが読もうにもね、
入ってこないし(悲)wingsがうちの店に入らんようになって
かれこれもうずいぶんとたちますね…DANCEナントカとかは
売れなくても入ってくるのになんでwingsが入らないんじゃろ、
N版の配本よくわかりません。
そんなわけで2巻以降の内容を読むのに本当にきっちり1年待ちました。
やっぱり面白かった…サイコーだ、よしながまんがは。

2巻の最後でなんだかそういうことになったシゲと真島がどうなるのか
すんごく気になっていたら進展したじゃないですか…!!
さっすがー…普通には終わらないですねー
しかもおまけまんがのツンデレに爆笑。
真島の場合すべての思考がそちらの方へそちらの方へ流れてゆくところが
何とも言えずイタイ、いや、オカシイ。
ツンデレって言葉自体がまずオタク用語ですよねえ。
なかなか普通に使う言葉じゃないと思うんですがさすが真島だ。
ここから先、この教師と生徒の関係がどうなってゆくのか
やはり続きが気になるところでございます…
シゲはなんだかもうすっかり真島を好きになっちゃってる感じですが
真島はどうなのか。姉萌えだったり、ツンデレ大好きだったり、
ビジュアル面は置いとくとして、シゲもけっこう
最強オタク真島のツボにハマってる様子なのがまたさらにオカシイ…
笑いすぎて死ぬかと思いました。もうなんだか。

そして3巻収録の坂井ちゃんのお話。なんかすごく共感してしまって。
私もわりとやることが大雑把なのですが
(しかしこれでもA型人間、どしても譲れないこだわりもある)
何でもくよくよ悩む方で、特に友達ともめたりしたときは
そりゃーもーいつまでもくよくよしているタイプでした。
でしたというか今現在もそうなんですけども。
いやもう本当にやることが大雑把ならば性格も大雑把に生まれたかったなと
わりとしょっちゅう思います。
最後の山根さんからしおりをもらったときの坂井ちゃんの
「きらわれては、いなかった!!」
というところは自分のことのように良かったね~と思ってしまう、
坂井ちゃんは非常に私に似ています。
3巻の帯のアオリの『女の子たちもがんばり中』っていいアオリですね。
確かに3巻は女の子たちがよかったです。
武田さんも、陣内も、磯西ちゃんもみんなかわいい。
あとね、なんかこの物語の高校生たちに妙にリアリティを感じるのは
互いに呼び合う感じが非常に上手いからだと思うんですよ。
女の子たちが名字を呼び捨てで呼び合ってるのって
かなり、本当っぽいですよね!私もそうだったな…
そういう距離感なんですよね、学生の時って言うのは。
で、学生を経てもっと仲良くなると呼び名って変わってくるんだよな…
しかしよしながさんの描く高校生たちをみてああ、そうそうそう!
と思うあたりがやっぱり私ももう歳とったんだなあと実感させられます。
だってあのノリは今の高校生ではない。
よしながさんご本人からせいぜい私くらいの年代までの高校生だな(笑)
男の子たちもみんなお行儀がいい感じで、うちのクラスの男子を思い出す…
37人中男子7人だった高校時代。そんな感じの男の子に感じます。

なんかフラワー・オブ・ライフについて書いてるつもりだったのに
話がずれてきたので今回はこの辺で。
ああ、次の4巻発売までやっぱり1年かかるんですかねー
長いな…たってみればあっという間でも1年は長いよ…

そして余談ですが。
ビブロスさんの具体的な早期返品銘柄の基準がわかりました。


◆何か感じたらクリックお願いします◆
漫画 / 21:59


実は私、生まれて初めてスターウォーズシリーズをちゃんと見ました。
10年以上かかってやっとストーリーを理解しました…
こういうお話だったんですねえ。
今思えばわりと単純というか王道なんですけど
私が生まれた頃は斬新だったんでしょうか。
王道すぎて逆に新しい感じに見えたんだろか?
ちゃんと見る前はレイア姫はオバハンだし、ルーク中途半端だし、
と色々思ってたんですけど…
ずーーーーっとみてたらレイア姫がかわいく見えてきた!
ついでにルークもかわいく見えてきた!
ルークに関してはトリロジーボックスの特典ディスク収録の
メイキング映像でそう思いました。
(スンゲー長いっすね、4時間以上…全部見るのに三日かかった…)
オーディションフィルムと当時の宣材写真がかわいいんだ!
そんでついでにハン・ソロのハリソン・フォードがIV当時に
すでに33歳だったこともルークのマーク・ハミルが二十歳だったことも、
ましてレイア姫のキャリー・フィッシャーが当時19歳だったなんて
思いもよりませんでした。いろんな意味で驚きました。
(オーディションに呼ばれてたメンツも今見ると驚きだけれど)
それからジョージ・ルーカスがすごい人だって初めて知った。
すみませんでした、ピクサーを作ったのがあなただったなんて
まっっったく知りませんでした!
本当にスターウォーズについて見解を改めました。
今まですみませんでしたっっ!!

4~5をよくわからずに新シリーズを見てしまったので
やっぱりよくわかってなかったのですが
今のタイミングでエピソードIIIをみたらきっと理解できる!
と思って早速レンタルしてきました。
ちょうどいいことに旧作落ちしたばっかりだ♪
悪のヘイデンを見るのがかなり楽しみです。

超大作のメイキングはトリロジーボックスで。
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX

そして新3部作はこちら。エピソードI&IIはWパック?
半端なのでこっちもいつかBOX仕様になるのか?
スター・ウォーズ エピソード1 & 2 DVDダブルパック スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐


映画 / 21:47


昨夜遅くにお友達の柾さんからケータイにメールが入りました。
何かと思ったらビブロス倒産という嘆きのメルでした…
彼女は小ビに掲載されていた大好きな作家の後編が永久に読めないのが
ショックだと言っておりましたが書店勤務の私としては
本屋さん的に気になる出来事です…
倒産しちゃうと在庫がね…しかもビブさん…
BL系の最大手だって言うのにうちの店の在庫も速攻返品?
うーん…そら困るなあ。棚ががたがたになっちゃう。
いや、もちろん私も普通の読者としてGOLDとLUVを買っていたし
続き物も読んでいるのでええーーーーっっとは思っているんですけど
まさか倒産=即休刊or廃刊はなかろう?と返事を戻したら
速攻レスがあり、かろうじて今月のマガビーは出るが小ビは
絶望的だと嘆いていたのです。
そのメールは私が一生懸命桜並木を撮影しながら
(このブログの下の方の写真を参照のこと)
2時間のお散歩の最中だったので家に帰ってから色々ネットで調べましたが
相当切羽詰まった状態での自己破産だったようでBE×BOY関連の
サイトなどさっくり閉鎖されている上に今後どうなるかという
アナウンスがいっさいない…今月出るはずだった単行本とか、
雑誌がどうなるかだけでもアナウンスするべきなのでは…
BL界の老舗のビブロスがよもやこんなことになろうとは。
本当に寝耳に水状態ですね。
作家さんたちも今とっても大変なのではないでしょうか。

どこか大手の出版社でBL立ち上げようと思ってるところないんですかね。
BE×BOYブランドをそっくりそのまま預かってくれるようなところ
出てこないことには読者納得しないでしょうよ。
マガビーとかGOLDは連載のものもたくさんあるしなあ。
う~ン、なんとなく、何となくですがそういう会社が
現れるような気もするんですけどね?
マッグガーデンとか、一迅社あたり買い上げたり
しないですかね…なんとなく、なんとなくですけどねえ。

青磁ビブロス時代から色々楽しませてもらっていたので
なんとか生き残る手だてを考えてほしいですねえ…
社長さん、黒字の部門の売上げで赤字埋めようとして共倒れじゃ
どうしようもないっすよ~



最後、個人的ですけど春抱き、僕声、SEX PISTOLS、ファインダー、
P.B.Bの続きはなんとかしてもらいたいです…
ぜひとも頑張ってください。みーーーんなそう思ってますよー

漫画 / 00:45


アニメNANAがいよいよ始まりましたね。
パラキスも見たし、去年やっと原作も読んだことだしアニメも見ました!
初めて朴ロミさんの女の子声を聞いたわ…
かわいいっすね!ナナっぽいと思いましたよ。
原作のファンの方はどう思ったんだろうなーとも思ったけれど
私はおおむねよろしいんじゃないかと思いました。
ハチ子もイメージ的にあんな感じだと思うし。
これからもっとキャラクターがどんどん登場するわけでしょう?
そこからが楽しみですよね。


とにかくアニメNANAで一番良かった~と思ったことはちゃんとプロの
声優さんをキャスティングしてくれたことにつきます。
上でも言ってるけどそのキャスティング自体もおおむねいい感じですし。
パラキスはもう見ていてハラハラしっぱなしでしたから
なんかもう、安心してみられるだけで満足。
あとお話の構成も上手いところから始めましたね。
いきなり例のハチ子のエピソードではなかったのが良かった。
その辺は来週挿入されるみたいだけれど順番は正解ですね。
ヒッジョウにわかりやすかったです。今後も期待と。

それからさて寝ようかね、と夜中の3時頃テレビをつけたまま
布団に入ったら同じくつだみきよさんの『プリンセスプリンセス』も
始まりましてそのまま見ていたら四方谷君の声が朴さんだった…
わ~かわいい~と最後まで見てしまった次第です(笑)
大概の場合木曜は仕事なのでこの番組を見るのはしんどい…
けれど起きてたら見ようかな。朴さん好きだから。

というわけで表題なのでした。

映像受信箱 / 19:28


日々徒然 / 19:12


日々徒然 / 19:06



日々徒然 / 18:57


イン・ザ・プール

奥田英郎さんが『空中ブランコ』で直木賞を受賞したときから
文庫になったら読もう!と思っていた伊良部シリーズの第1作目が
待望の文庫化。読みました~
本を読む前に阿部寛の伊良部を見てしまったので
伊良部一郎がどれだけ変な医者なのかは知ってましたが
これが小説になるとこんな感じなんだ~と読みながら笑いました。
…なんというか。
漫画を読んで笑うことはわりと良くあるのですよ。
ちなみに私の笑いのつぼは西森がよく知っている(笑)
けれど伊良部一郎は文章で笑かす!風呂場で本読みながら笑う日が来るとは。
水飲みながら読んでいて水を吹きましたよ…
ふふふ、すげえや、伊良部。
ナンセンス小説というかシュール系の小説は読んだことがなかったので
新しい世界をかいま見た気がしましたねえ。
本を読んだら改めて松尾スズキの映画を見たくなりました。
そして空中ブランコも早く文庫化しないかなあと思っている次第です。

イン・ザ・プールをイン・ザ・バスで読んでいた私でした。

空中ブランコ
空中ブランコ

こちらが文庫化切望中の第2弾。言わずもがな
読書 / 15:24


暴れん坊本屋さん(2) 暴れん坊本屋さん (1)

暴本の2巻が3月末に出ました~!
相変わらずキレの良い自虐ネタです!!もう本屋さんうなずきまくり。
私は日々、書店員として書店業務をこなしていて、
ああ、本屋ってなんて報われないんだろうと6年以上同じ仕事をしていて
常々思っていた訳ですが、こんなことがネタになるとは
暴本を読むまでさっぱり思いつきもしませんでした。
けれども考えてみたら誰もが自分の知らない職業の裏側って
興味があるものなんですよねー
さらに私はビデオレンタルもやってた(る)のでこっちの内情も
考えてみたらネタになるのかも。
変な客という点では本屋よりも遥かにおかしなお客様が多いです。
ああ、あの常連の(変な)お客さん来たらどうしよう…
なんて日々緊張の連続ですよ!
その上、うちの店は電話が半端なく多いしな。
(電話のお客さんが何より一番対応が大変なのです…)

…うーん、こんなにネタ満載なのに。考えてみたら盲点だったなと。


◆何か感じたらクリックお願いします◆
漫画 / 01:25


先日発売されたコーラスにハチクロII制作決定という記事が出ました。
しかもノイタミナ枠で夏からの放送…ということは
光一さんの獣王星のすぐあとってこと?
そんでもってそんでもってちょうど映画の公開と同時期?
うーわー上手ですねえ…ふふふ…
けれどアニメのハチクロは終わったような終わってないような
そんな感じだったので続編なら続編でもいいかなあというような気もします。
しかし…この4月でやっとDVDが完結だー!よかったー!
と胸を撫で下ろしたというのにまた秋から続編DVDの資金繰りを
考えねばならんのですね…嬉し言っちゃ嬉しい悲鳴なんですが。

さてさて。
それよっかリアルタイムの原作ですけど久々に森田登場です。
しかもかっこいいっすよ…もう…森田さんてば!
やっぱり竹本君は失恋100%ですか?切ない、切ないね。
絶対森田とはぐちゃんは両思いだもんね、しゅーんだね…
けれどここのところの展開をずっと見ていて
はぐちゃんは森田さんのことはきっと絶対異性として好きなんだけど
好きという感情に気づいていないというかそんな感じで
はぐちゃんにとってとにかく一番大切な人はしゅうちゃんで、
はぐ→しゅうちゃんて感じでしたよね。
(まあ、この矢印がどういう種類のものかは置いといて、だ)
森田と…という選択肢はあんまり見えてなかったよね、
しゅうちゃんといたいけどしゅうちゃんに迷惑になる…
って悩んでたんだよね、そのへんどうなの、はぐちゃん。
しかしなー森田のあれは殺し文句っす…私ならやられる…
いや、でなくて!!相手ははぐちゃん、はぐちゃんなのよ~
はぐちゃんだとすると…どうなんだろう。
生きることと描くことがイコールであり、描くという行為について
初めて気がついたとき神様を見たというはぐちゃん。
けれど孤独なときにそう思った訳だから
『一緒にいよう』と言ってくれる誰かが現れた場合、
描くという行為が彼女の中でどんな風に変換されるんだろう…

何やらつらつら書いてしまいましたが相変わらず私はハチクロで
ぎゅーっとなってます…




しっかしここんとこ真山出てこねーなー…(淋)
ハチクロ / 01:50


え~4月になっちまいました。
06年冬ドラマがすべて終了いたしましたのでいつもの通り総括をば。
(放送終了順です)

『時効警察』(金曜11時15分/テレ朝)
このクールで一番面白くて一番のお気に入りドラマでした!!
力一杯楽しませていただいた、久々に本当に面白かったドラマでした。
設定からストーリーから細かな遊びまですべてにおいてパーフェクツ!
オンエア後は毎週公式サイトをチェックして
放送後のフィクションの下りを確認するのが習慣化しました。
全9回という潔く短い構成も今から思えば時効警察のカラーには
ばっちりハマっていたような気がします。
資金がつきたので趣味の捜査はいったん終了、という
どうでもいい(笑)理由での終わり方だったので今後の展開に期待。
時効警察は映画とか2時間のスペシャルとかではなく、
毎回1時間、1話完結が望ましいので是非新シリーズの製作を期待したいです。
絶対にDVDは購入します。
時効警察 DVD-BOX
時効警察 DVD-BOX



『喰いタン』(土曜9時/日テレ)
間、1~2話見逃しているのですが、程よくばかばかしく、
今回も東は食ってんなあ…と毎回しみじみ思ったドラマでした。
すげえオモシレエ!というドラマでもなかったのですが
まあ、そこそこ?そこそこ楽しめました。
本当にすごいと思いましたよ、あれだけの量を食べ、
確実に消化&消費する東をさ…

『神はサイコロを振らない』(水曜10時/日テレ)
このドラマも私は好きでした。
小林聡美とともさかりえ、そして山本太郎の3人の掛け合いがよかったし、
それに絡んでくる武田真治や大杉蓮も非常に面白かった。
特に『やす子ちゃんはてつやちゃんのことが大好き』はよかったね。
最終的な終わり方に関しては確かに微妙だったのですが
このドラマのテーマや雰囲気はとても良かったです。
ってゆーかもう小林聡美の主演ドラマなら間違いないんだってば!
本当に私は小林聡美さんが好きです…

『西遊記』(月曜9時/フジ)
月曜日の9時ってさ~危険な時間でね…
うっかり寝てしまうことが多くて、西遊記も実に3回寝てしまってます。
私は多くの大人の皆さんと同じで堺正明の西遊記と比べちゃった人間でした。
そのせいか、まー天竺近いね!という感想しか…(苦)
いやいや、げふげふごほごほ…
でも、何というかムキムキ悟空も見慣れたよ!
それもアリかな、と思えるようにはなりました。
みんな殺陣を非常に頑張っていらっしゃって、その努力は
とても伝わってきたしね。
(あとから知ったことですが殺陣師がキタさんだった…
そんなお仕事してらっしゃるんですか~JACで棒アクションと言えば
やっぱり喜多川務さんなんでしょうかね、うん)
しかし、最終回のお釈迦様役で堺正明が登場し如意棒をまわしたら
やっぱり慎吾より上手かったというオチがつきましたけど。
何やら映画化も決まったそうで、あの妙に安っぽいセットは
映画のフィルム映像の方がごまかせるだろうから
この西遊記は映画には向いているんじゃないかと思いました。

けーれーど、
主題歌は良かった、めっさ良かったですよ!
私、iTMSでダウンロードしましたから。
現在もまだDL1位を保ってるのかしらね?
興味のある方はこちらをクリックしてみてねん☆

MONKEY MAJIK - Around The World - EP - Around The World


『アンフェア』(火曜10時/フジ)
このドラマ面白かったよね!
篠原涼子が今までとイメージの違った役をやるよ、という感じの
前宣伝だったんだけれど、篠原さんのイメージ云々だけじゃなくて
ストーリーがおもしろかったというか毎週楽しみだった。
これからどういう展開になるんだろう?と連続ドラマを楽しむという上で
非常に真っ当な楽しみ方をさせてくれたなあと思いました。
そういう意味でも近頃では珍しい感じのドラマでしたね。
最終的な犯人は誰なのか?それをぐるぐる予想していたときの楽しさったら
何とも言えないものでした。
なみに、ほとんどの皆さんが予想的中させたと思うけど
蓮見が誘拐事件の主犯だとわかった時点で私は安藤がきっと一番の黒幕!と
予想を立ててました。皆さんはどの時点でしたか?
フジと言えば浅野温子の沙生妙子という女刑事を排出してますが、
雪平夏見もそれに勝るとも劣らない女刑事になったのではないでしょうか。
これもやりようによっては面白い続編が作れるかも?

『百夜行』(木曜9時/TBS)
最終回3回前くらいに原作を読破しまして、
あ~なるほどと思いました。ドラマはふたりを中心に
亮司の視点で物語を描いたのでかなり原作とは受ける印象が違います。
けれど起こる現象というか事件はほぼ原作通りなんですよね。
そうわかってから改めてドラマの百夜行を見ると
あえて原作では書かれていない亮司と雪穂の出会いのいきさつが
ドラマでは絶対に必要で重要な場面であったと同時に
あの子供たちが本当に上手だったことがよくわかりました。
原作だと雪穂は本当に何考えてるのかはかり知れない
なんだか不気味な女だし、亮司に関してはもっとスマートで
冷たい印象を受けたのに対してドラマの二人はずっと人間らしい感じがしました。
ドラマにして、不特定多数の色々な人たちに見せるのならば
やっぱりドラマの切り口は正解だったんでしょう。
私はかなり上手にドラマ化したなあという感想です。
厳密には最後の方はドラマオリジナルの展開です。
原作ではもっと深い感じのラストになってるんですが
その通りにやるとしたらあのキャスティングはむりです。
(時間的にも無理かな…あと3ヶ月ないとね…)
もっと大人をキャスティングしないとあのラストには持ってけない。
子供→高校生まで→成人の3段階キャストなら行けるかなあ。
とまたいらぬことを考えてしまった私でした。

『小早川伸木の恋』(木曜10時/フジ)
何だこの全く共感できないドラマは!!という感じで始まって
最後までそういう感じで終わりました…ある意味すげえ。
はじめの頃は妙子が理不尽でそれについて非常にむかむかしてたけど
最終的には伸木にイライラしました…なんだ、お前は!!
妙子と離婚したいと言いつつも、妙子の悪口は書けないなどと言って
西やんを大いに困らせる、人がいいを通り越してもうバカ!
バカ男!そうとしか言いようがないでしょう。
カナさんは伸木とくっつかなくて正解ですよ~と
かなり、かな~り思いました。ダメ男め!!
しかしあの妙子役で片瀬奈々ちゃんは非常に
イメージが悪くなってしまったでしょうね…かわいそうだ…

『夜王』(金曜10時/TBS)
こちらも原作とは全然違うラストでしたが~
いろんな意味で私は楽しめましたよ、このドラマ。
中盤ゲストでMっすん登場、Mっすんでてるのにすがっちが「レン」と呼ばれる。
もう、一部の人にのみバカウケだったに違いありません。
また最終回ロミオを立て直すために派閥を壁を越えた皆さんが
なぜか一人、二人と増え続けながら徒党を組んで肩で風切って
歌舞伎町を練り歩くシーンはなんかもう面白かったです…
その上、ロミオを去った聖也がヒカルをつれて乗り込んだ
大阪南のホストクラブにR平氏が登場したのも爆笑でした…
すみません、笑うところじゃないっすね、ええごめんなさい。
そしてやっぱり徒党組んで歩く。その中でもR平さん一人バランスが妙。
なんでそんなに人間離れしてるんですか!!(泣き笑い)
てなわけでごちそうさまでしたって感じです。

『輪舞曲』(日曜9時/TBS)
連続ドラマにしてはスケールのでかいドラマでしたが
日韓共同とか、チェ・ジウが半年間も日本に滞在して撮影とか
もうそういうことよりも何よりもなんつーか
どんでんどんでんどんでんどんでん返しの連続に後半びっくりというか
ええー?何もここまでひっくり返さずとも??と…
だってだって、竹野内が韓国人でチェ・ジウが日本人てああた…
ひっくり返し過ぎもいかがなものかと思ったのですが
まあ、見応えはあった、カナ?
それと思ったよりも王道なラブストーリーでしたよね。うん。

<番外編>
『牙狼』(金曜深夜1時30分/テレビ東京)
これは冬クールドラマではないのですが近頃最もハマって
同じ時期に終了したので一緒に感想を。
やっぱり雨宮さんの世界観は素敵というか大好きというか
面白かったですー来週からもうガロ見られないのかと思うとね、
一抹の寂しさがこみ上げまする。
敵対していた鋼牙と零が最後には仲間になるあたりや、
最初から怪しいなーと思っていた京本政樹がやっぱりやっぱり
暗黒騎士だったりとかいうそれなりのお約束もあったんですが
どれも心地よい展開でした。すでにDVD1巻は予約済みです。
見はぐってる最初の方を見るのが超楽しみ!
それから最後の雨宮文字の『暗黒騎士編完』は気になります…
これ、続編作る気があるってことなんでしょうか。
あとでちょっくらオフィシャルで探りを入れてこようか。
牙狼<GARO> 1
牙狼<GARO> 1


というわけで2006年冬ドラマ総括でした。
思い返せば冬クールは刑事さん(警察官)がぞろぞろ出てきましたね。
王道のトレンチコート刑事が二人もいたのに真逆!とか(笑)
春からの新ドラマに関しましては一番の期待が『富豪刑事デラックス』
次が『ブスの瞳に恋してる』と『弁護士のくず』でしょうかねえ…
(冬と同じ見方をするなら春クールは弁護士のクールと言えよう…)
ふたを開けてみないことにはわかりませんが自分の感性に
ぴったりくるドラマがあるといいなと思っております、ハイ。

映像受信箱 / 18:54



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。