ねこまるのあいかわらずな日。


TVと映画と漫画と本と好きなものと日々の愚痴。


東のエデン

楽しみすぎます!!

東のエデン公式サイト


Profile

neko-maru

Author:neko-maru
浅く広く色々好きです。
基本的に好きなことしか
書かないけど
たまに毒吐きます。
おたよりは
guragurachan☆mac.com
(☆を@へ変換して下さい)
パス制ura*blogへはこちらから
(入り口にパスワードヒント有り)


Count



Link

このブログをリンクに追加する


Lion in March

3月のライオン (1)
3月のライオン (1)
3月のライオン (2)
3月のライオン (2)


honey & clover *c

ハチミツとクローバー (10)
ハチミツとクローバー 10 (10)

ハチミツとクローバー(9)
ハチミツとクローバー 9 (9)

ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ
4088652975
ハチミツとクローバー(7)
羽海野 チカ
4088652738
ハチミツとクローバー(6)
羽海野 チカ
4088652037
ハチミツとクローバー(5)
羽海野 チカ
4088651391
ハチミツとクローバー(4)
羽海野 チカ
4088651111
ハチミツとクローバー(3)
羽海野 チカ
4088651073
ハチミツとクローバー(2)
羽海野 チカ
4088650808
ハチミツとクローバー(1)
羽海野 チカ
4088650794
ハチミツとクローバー vol.0?Official fan book
羽海野 チカ
4088652835
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー
4872339568


honey & clover *m

ハチミツとクローバー
スペシャル・エディション
(初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー
~恋に落ちた瞬間~

羽海野チカ 櫻井翔 蒼井優
B000F8O5I0
ハチミツとクローバーfilm story
ハチミツとクローバー<BR>film story

ハチミツとクローバー
PHOTO MAKING BOOK
ハチミツとクローバー ?PHOTO MAKING BOOK



Calender

05 | 2005 / 06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories


Archive


honey & clover *a

ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.2 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.3 (初回限定版)

ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)
ハチミツとクローバーII Vol.4 (初回限定版)

ハチミツとクローバー 1
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPO
ハチミツとクローバー 2
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAPY
ハチミツとクローバー 3
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQ8
ハチミツとクローバー 4
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQI
ハチミツとクローバー 5
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAQS
ハチミツとクローバー 6
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZAR2
ハチミツとクローバー 7
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARC
ハチミツとクローバー 8
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARM
ハチミツとクローバー 9
(初回限定版)

羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史
B0009MZARW
ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
TVサントラ
林有三&サロン’68 林有三
B000A3H77G


密林ちゃん検索


蜂蜜幸運草



Powered by FC2 Blog * 【Login】
Benri-navi by myhurt
Template Design By
© neko-maru.All rights reserved




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ってゆーか私、ゼンッゼン知りませんでした。
今ちまたではそう言うものが流行っているのか。
世間知らずだなあ、おいら。
こんな私に教養を授けて下さってありがとうございましたLHY(橙子)さん!
なんかコミックバトンってのもあるらしいですね。
私はこっちの方が答えやすいかも、ヲタクだから(笑)


Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


現在1307曲、5.4GBでした。
ちなみに近日中にデフテックを追加する予定なのでまた増えますな。


Song playing right now (今聞いている曲)

今?無音です。私わりと無音の方が好きだったり…



The last CD I bought (最後に買ったCD)

スキマスイッチ「全力少年」とSh15uyaのサントラを同じ日に買った。
ちなみに明日YUKIちゃんの「ドラマチック」を買います。


Five songs(tunes) I listen to a lot,
or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)


…難しいなあ、これ。
iTunesのその名も『BEST』という名のライブラリから今日の気分で5曲です。
つってもそのベストが120曲からあってさ~…

■川村かおり「金色のライオン」
川村かおりちゃんは今どうしてるんだろう。神様~と迷いました。
覚えてますか?「山田かつてないテレビ」の『Hey!神様ダンス』を!!

■KinKi Kids「 愛のかたまり」
キンキさんはわりと結構好きな曲が多々ある。が、これは本当に好きかもしれない。
しかし「青の時代」と迷いました。でも、青の時代はcannaのセルフカバーが
涙出るくらいに素晴らしくいいので聞いてみてほしい。

■沢田研二「時の過ぎ行くままに」
「悪魔のようなあいつ」主題歌。でも、ジュリーの曲の中でも名曲中の名曲。

■スキマスイッチ「ふれて未来を」
なんもいうことない、ただただただただ好きなのです…
7月発売「空創クリップ」(ニューアルバム~♪)今から楽しみ~

■Simon & Garfunkel「The Only Living Boy In New York」
S&Gは私の最も好きな外国のミュージシャンです。
ここがおそらく私のフォークデュオ好きの端を発しております。
そんで、この「ニューヨークの少年」と「水曜の朝午前3時」と
「明日に架ける橋」が好きすぎて何を言っていいかよくわからない。

…しかしむずかしいね。
大好きなアニソンとか特ソンとかもたくさんあるのだが~
まじめに答えすぎましたか(笑)

Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)


私、ブログやってる友達がそう言えばいません…
バトン、まわせない~日記やってる人ならいいのかな?いいのかな?
・・・・・
今日のところは保留にします。後日思いついたらまた…



ってこんなかんじです…すいません、橙子さん…
もし、どっかからコミックバトンが回って来たら是非まわして下さい(笑)

『~さんに100の質問』ってのが一時やたら流行ったけど
今はこういうのが流行ってるんだ!と勉強になりました。
結構面白いですね。チェーンメール見たく不快じゃないところがいい。
まだまだ流行りそうだなーこれ…
スポンサーサイト

◆何か感じたらクリックお願いします◆
日々徒然 / 23:16


ほうほうと見た訳なんですが非常に上手な作り方だなあと思いました。
原作を読んでいないのでよくわからないんだけど
海上保安官であることはもう決まっていて、
いきなり潜水士訓練からお話が始まります。
実際原作でもそう言う作りなのかもしれないけど、
まず海上保安官になりたいですって所から始めないところに新鮮さを覚えました。

と、いうのはですねぇ…
潜水士訓練のエピソード、そしてお話が展開して海洋訓練中の事故、
そしてその事故からの生還の過程などなどなどが
どうもワタシの大好きな漫画と似ているんですね。
さて、一体何に似ていると思ったでしょう?

ヒント1
同じくフジテレビで連続ドラマ化されております。

ヒント2
やはり人命救助をします。



も~わかったでしょうかね、そう「め組の大吾」です。
しかもレスキュー研修編後の大吾の展開です。
海保では訓練および実践でもお互いをバディと呼び、
常に二人一組で任務に当たるということらしいです。
消防はもうちっと規模が大きくて小隊規模で行動しますよね。
海猿の場合は主人公仙崎のバディ工藤が少しだけ他の訓練生より劣っていて
主人公の足を引っ張り何かと言うとペナルティを食らってましたが
大吾ではレスキュー研修中主人公大吾が第二小隊で足を引っ張りまくり
何かと言うと第二小隊全員がペナルティを食らってました。
そして海猿の一番のクライマックスであるところの海洋訓練中の事故。
これがねーもう大吾の臨港沖空港建設地の大火災っつーエピソードソッックリなんですよ!
海猿でもボンベの残圧がなくなってしまうという展開だけど
大吾でもそうなんですよね。助けるべき相手こそ違うけれど
シチュエーションはほぼ一緒。水の中か、火の中かって違いだけですよ。

そう、それで思ったんですよね。
大吾ってもちろん主人公朝比奈大吾が消防官として成長して行く物語で、
大吾が消防官になるところから始まってどんどん上を目指して行く訳ですが
やっぱり映像化するならレスキュー試験から後ろの方が良かったんじゃないかって。
「新米消防官の成長物語」よりも「消防の精鋭を目指す若き消防官の物語」の方が
絶対映像にするなら迫力もあったしエピソードも面白かったのでは…
いや、大吾の最初の頃のエピソードも面白いんだけど
ドラマにするとお涙ちょうだい調にどうしてもなりがちだし、
一番みたいなーってエピソードにはやっぱり無理があったりして
なかなか期待したように展開して行かなかったなって感じで。
実際ドラマはそうなってた。でも、そうじゃなくて
折角消防官のドラマを描くなら、消防の過酷さを描いた方がより良かったのではと
「海猿」を見て私は改めて思った次第です。
だから海猿の映画はかなり成功していると思うんですけど。
実際の原作を知らないので原作との兼ね合いはわかりませんけど
とにかく上手いです。海保の、その中でも一握りの潜水士とはという
実にピンポイントだけれど一番誰もが興味のある部分を的確に扱っていて
好感が持てるなあと思ったのでした。
この感じで同じスタッフが作るのならテレビドラマもいいものになりそうじゃないですか。
ああ、大吾もレスキュー試験後を映画化してくれたら面白いのにな…
だってテレビは本当に色々もったいなかったんだもの。
(出来ればこちらはドラマは忘れてキャスト一新してほしいけど…)
映像受信箱 / 22:48



えーと。夏コミ合わせのSh15uya本のプロットが遅々として進まず、
これ以上休みの日に家でくさくさしているわけにはいかないと己を追い込んでみました。
まあ、具体的にはプロットをやるしかない状況に身を置いてみた訳ですが。
おかげさまで一人でファミレスに入って昼飯喰って、ドリンクバーで3時間粘って
なんとかそれらしきものがほぼ9割がた出来上がりました。
漫画家とか小説家を〆切前にホテルとかに缶詰にするのってこういうことなんですねえ。
自分の部屋なんかでネタが固まらない状態でぐるぐる考えていても
ちょっと目についた漫画を読んでしまったり、ネットをしてしまったり、
テレビ見ちゃったり、あまつさえ寝ちゃったりするんですけど
ファミレスじゃどれも出来ないですからねーや~行って来てよかった。

で。こんな話じゃないんだな。
今日出かけた目的はあくまで上記なんですけれど、
折角出かけるんだからちょっと繁華街のファミレスにして
ついでにいつものコースを巡回しようと
電車に乗ってワタシがいつも巡回している町へ行って来ました。
駅から一番近いので最初にマルイに行ってみました。
そしたらね、エスカレーターの壁にこの夏のマルイのポスターが張ってあったのです。
去年はたしか3姉妹で、主人公は末っ子の吹石一恵で
玉木といい感じになるストーリでしたよね?
でも、今年は玉木のみ続投で女の子はチェンジしております。
テレビCMでちらっと見てたので今年のイメキャラが
加藤夏希ちゃんなのは知ってたんですが
改めてツーショットのポスターを見ていて
ワタシはふっと別の世界に行ってしまいました。

はーい、ワタシのくだらない戯れ言におつきあいいただいている
勘の良い皆さんにはカテゴリが『ハチクロ』の時点でもうご察しですね?
そう言うことです。続きをどうぞ。

◆何か感じたらクリックお願いします◆
ハチクロ / 18:37


恋におちたらが長かったり何だりしたおかげで30分ほど遅いスタートでした。
今回も張り切ってリアルタイムで感想を書いてみます!

たった1週間お休みしただけでなんだかすごーく長い間
大事なものをどこかになくしてしまって必死に探していたような気分になりました。
今回はワタシのベストオブハチクロの中でもかなり上位に入る
水上バスでの小旅行を取り上げている回で、ハチクロという物語の展開の上で
非常に重要なアイテムの一つである「観覧車」が登場しました。
アニメハチクロで観覧車と言えばあのとても素敵なエンディングにつきると思いますが
今回もなかなか良かったですよね。
とても詩的な竹本君のモノローグが心にジンと来るお話です。

今回とにかく今までのハチクロと決定的に違ってたな、と感じたのは
1話、7話に続きちょっとした区切りになる回だったのかしらという感想です。
なぜなら、アニメハチクロの構成として、だいたい原作の2話分を
1回の前半後半につめてくる感じがしてたんですが、
1話、7話、そして今回の10話は単独で出来てるお話です。
1、7話は原作のエピソード自体始まりだったり、修ちゃんがいなくなるというので
普段よりたくさんのことがつまってる印象なんですが
今回の水上バスは大きな出来事というのはほとんどなく、
ああ、これがハチクロなんだよ、というスローな感じのお話なんです。
だから普段は原作2回分でアニメ1回という構成なのだと思うのだけれど
竹本君やあゆの心情を丁寧に追うためにあえて今までの回想シーンなどを織り交ぜて
ゆっくりとしたペースで構成されたのかなあ…と思った次第です。
特に竹本君のはぐちゃん回想は長かったね!(笑)
でも、彼は10年前のMac並みと称されるくらいのニブちんだから
真山にずばっと言われて改めて思い返してたんだよね!と
ワタシも大いに竹本君に感情移入させていただきました。
葛西の観覧車、ワタシも乗ってみたいな…
どんなキモチになるのかなあ。

まあ、それに時期的にそろそろ折り返しなんですよね。
原作の方もそろそろ収束に向かっているようには思うのですが
アニメが終了するまでには到底終わらないだろうと思うので
どの辺でどんな風にまとめるんだろう…と今から色々想像します。
予想としては自分探しの旅のあとのはぐちゃんへの告白が山なのではないかと…
どうなるでしょうねえ、最後は。
どっちにしてもアニメハチクロはいろんな意味で特別で
アニメの制作スタッフの皆さんがなみなみならぬ愛情を注ぎながら
大変な思い入れで作っていらっしゃることも去ることながら
次の枠のパラキス以降は1クールだって言うし、
『ノイタミナ』という枠に勝負かけている若干鼻息荒めの
フジテレビさん心意気も非常に感じますよね。
その二つの思いが最後の大きく実るように祈っております☆


全然話は変わりますが、例のコンティニュースペシャルの
羽海野さんのロングインタビューを読んでから
改めてComicCUTE版のハチクロ1巻と
クイーンズコミック版の1巻を読み比べてみたら
1話に関してはずいぶん違ったんだなあとしみじみ思いました。
たしかに冒頭のモノローグは真山だったんですよねえ。
3ページ目1コマめのアップがキューティーは真山で、
クイーンズは竹本君なんですよね。
この一コマで全然違うものになってるんですよ。
でもモノローグの内容までは変え損なってたって言う(笑)
そう言うところが愛しい方ですよね、羽海野さんて。
ハチクロ / 01:31


で、昨夜放送の『顔』もなかなか面白いエピソードでした。
平たく言っちゃうとパズの女問題(笑)
9課はみんな素敵なのですが、バトーさんにたいする思いは別格として、
私結構パズも好きなんですよねー
そうか、あの人タラシなのか!身もふたもない言い方ですんません。
なんっつってもワーオと思ったのは少佐にも
「同じ女と2度寝ない」
を言ってるあたりですよねーバトーさんも吃驚してらっしゃいましたが
いや、本当にオットコ前な発言で。
パズってこういうキャラクターだったのかと初めて知って
ちょっとトキめいた、という馬鹿な私です。

そんでもって、今回の大きな事件はまあそのパズの女問題だけれども
個別の11人問題もだんだんいろいろとわかって来て
久世についてなんかちょろちょろ判明して来ている様子。
ちらっと噂に聞いた久世の正体、日テレ版なのでまだまだ明かされないでしょうが
本当にわかった時少佐はどうするのかなーと興味ありです。
最近DVDとか録画した番組を溜め込んでいるので
なかなか攻殻機動隊をレンタルしてこられないけど…
日テレ版を追いつつおいおいちゃんと通してみられればなーと思ってます。
だって、攻殻ってば難しくて1週置くともう話が分かんなくなっちゃうんだもん。
昨日もかいたけどイノセンスももっかいみたいです~
ああ、映像を見るのに忙しいワタシ…
映像受信箱 / 21:28



コンティニュースペシャルをようやく読み終えました。
ものすっごく濃い内容だった…すごいなあ、この本。
竹本君の自転車の旅を実地するところもすごいけれど
羽海野さんのロングインタビューがすごく良かった。
っちゅーか…羽海野さん、私と生き別れの兄弟かなんかですか
というくらい同じにおいのする人です…
サイン会でご本人とお会いした時も感じたけれど間違いなく
同じ世界の住人だなあと実感しました。
ハチクロ特集に対する感想がこれかいって感じですが。
60ページてホントすごいボリュームです。
入荷してすぐに中を確認して思わず『いい本!!』と
口から出て笑われたくらいですから…(笑)
それに今回収録された熱風掲載の『イノセンスを待ちながら』の再録、
そしてものすごく長い押井監督のインタビュー、
こちらも読み応えがあって面白かったー
DVDは買ってないけどイノセンスを劇場まで見に行って
何かしら感じて帰って来たので感慨深く読みました。
ああ、もう1回見たくなりました。レンタルしてこようかな。

とにかく『いい本』ですのでハチクロファンはとりあえず必見でしょう!
ハチクロ / 22:58


相当キャスティングに難航しそうですよねえ。
つーか、半端なキャスティングじゃ私が容赦しねえ!って感じか。
YOUNG YOUの読者ページに連載中の作品を実写にするなら…?という
アンケート企画がありまして、いままでに
「すぐりの季節」「キャリアこぎつねきんのもり」などあげられてました。
で7月号でいよいよ出ました、ハチクロが!
そんなに対したないようだと思わないので(失敬)暴露しちまいます。
が、念のため続きをクリックして下さいませ。

◆何か感じたらクリックお願いします◆
ハチクロ / 00:03


最後に見たのが弥次喜多で、今年に入ってからは
弥次喜多しか見てなかったなあと気がついたので
真下は絶対に見に行こうと思っていたのです。
が、今日は上映時間とかなんにも調べてなかったので
(水曜の晩、一睡もせずに翌日仕事に行ったため大変な爆睡の結果です)
映画館に着いた時に一番都合の良い奴を見ようと
「真下」「電車」「自衛隊」の三つを候補にして出かけたところ
ちょうど真下が始まるところだったので今回は真下に。 

まあ、そんな前置きはさておいて真下の感想です。

◆何か感じたらクリックお願いします◆
映画 / 23:07


「遅い!」と書いたフレッツ光ですが、20メートルのLANケーブルを
探し出してメインマシンも直結してみましたところ、
夜の7時くらいでは40~50Mbpsほど、夜中の2時には30Mbps
という結果になりました。
で、一つわかったのはPCのマシンスペックに非常に左右されるってことでしょうね。
まあ、AirMacを使って無線にしている限り3Mbpsの域を出ることはないから
大容量のデータ送信の時などは有線にして使うに落ち着きそうです。
出来ることなら速いルーターにしたいけどエクストリームは
私のMacは対応してないし、かといって他のメーカーのって言うとよくわからないし…

やっぱ、微妙な結果かも…
日々徒然 / 21:23


工事こそなんかやたらと時間がかかりましたが
Macでの設定は特に手間取ることなく簡単に出来たんですけど…
なんか全然早くないんだけど!!
先日までso-netADSL 12Mだったんですけど、AirMac経由でも
速度3~4Mbps出てたのに、同等、またはそれ以下しか出ない。
直結してみても最高で11Mbpsだったかな?
直結したマシンがOSこそOSX10.2だけど
マシン自体が古~いシェル型iBookなのであんまり参考にならない。
まあ、iMacを直結してみたところでおそらく15くらいだろうか?
何かすごく裏切られた気分です…だって、接続料金がADSLより
2倍も高いんだよ?ああ…こんなことならADSLで50Mに変更すれば良かった。
一応フレッツとso-netに問い合わせてみるけど直らなかったらまた変更かなあ…
はあ~工事しちゃったよ…
でも、工事費はかかってないからいいか、ってよくないかー
いやです、って言って解約できるんだろうか。
ああ、本当に早まった…ものすごく早まった…
光だったらいくらAirMacが対応していなくともTEPCOにするんだった。
後悔しても遅い、遅いよなあ…ああ…
日々徒然 / 23:47


13ライダー分なので龍騎サバイブとナイトサバイブはついていないんですね。
いつか出るんじゃないかしらと思ってたら出てましたよ、THNで!
なんかもー情報が遅くってすんませんね!
最近ヒーロー雑誌もトイ雑誌もまともに買っておりませんもので。

THNはまず会費が半年で6300円もするし、Macだと対応してないし、
はっきり言って私にとって入るメリットが何にもないんですよ…
それなのにサバイブのデッキをここで発売しやがるとはなんとあこぎな!!
しかももう閉め切り終わってるしよう。
〆切間に合ったとしても会費6000円で品物4000円じゃ会わせて一万円じゃん。
・・・・・・・。
以上のことを考えてヤフオクで手に入れることにしました…
さっき検索かけたら1件だったけどもっと出てくんだろ、きっと。
ハァーそれにしても私のこの、冷めにく~い、しつこ~い性格だと
金がかかりすぎて仕方がありません。
ジェットマンのDVDも買っちゃうんだよ、あたし?
Sh15uyaも買っているんだよ?
これからハチクロも買うんだよ?
それに今日、ファンタスティポの限定版の予約もしたんだよ?
しかもいーでじ申し込めなかったからあまぞんでだよ?

THNが嫌いだって話だったのに己の消費癖を嘆くになってしまいました。
本当になんとかしたいです、この性格…
龍日記 / 00:13


書籍を売る他、CD、文具、ゲーム、菓子、食品を売ったり、
ビデオ、CD、DVDなどをレンタルしております。
ちっさいですが一応チェーン展開もしております。
そんな感じの複合書店チェーンの当店。
私の勤める店はN店だけれどチェーンのA店で『眼鏡』を始めるらしい…
っちゅーかよ、『眼鏡を始める』って意味わからんよ。
初め、本当に何のことだかさっぱりわからなかった。
たまたまそのお店に商品のことで問い合わせたうちの店のAさんが
A店の従業員Iさんと話していてわかったことだけれど、
「社員が一人メガネに行っちゃうから…」
「???」
そう聞いたAさんは何が何やらさっぱり分けがわからなかったそうな。
だって、全部で20店舗弱ある店の中でメガネを売ってる店なんて
一つもない訳なんですよ。だからメガネと言われても何のことやら状態。
Aさんは、メガネ=まじめ=固い=監査?という連想ゲームをしたらしい(笑)
よくよく聞いてみると本当にメガネを売るらしいのだ。

その後うちの店の社員に詳しく聞いてみたところ、やっぱり売るらしい。
しかもちゃんと検眼などもするし、本格的らしいのだ。
おかげでA店の社員は眼鏡研修中らしい。
そこで私たちは疑問に思う訳です。何故眼鏡を売りたいのか?と。
それに対するアンサーは
「社員が全員眼鏡だから」
ぐっは、マジですか?そんな理由で?!
ってそれはうちの店のM社員の軽~いジョークだったんだけれど(笑)
いや、Mさん、ちったぁ気の効いたことを言えるようになったじゃないすか…
本当の理由はたまたま眼鏡店を視察した社長が
昨今の若者は眼鏡を何本も持ってファションによって架け替える、
という事実が非常に目から鱗だったらしいのです。
だから眼鏡を売ろうということになったとかならなかったとか。
いやしかし、私はそんなことより眼鏡ですよ!!
社員がオール眼鏡?三大眼鏡がいるって?そんなおいしい店があったのか…
店の中では眼鏡フェチを公言していないのであれですが、
ちょっとA店に見学に行きたいです。
いーじゃないすか、眼鏡と仕事したいですよ、眼鏡担当になりたい!
そして眼鏡研修に行きたい、是非!!己の萌えのために!!!…かも。

今日一日で何回眼鏡という言葉を聞いて何回妄想したことでしょう。
ああ、本当に私もすっかり眼鏡フェチになってしまったようです。

それもこれも羽海野さんとよしながさんのおかげですね!わっはっは





話それますが~眼鏡と言えばハチクロです。
野宮さんとあゆはこのまま、まとまってしまうのだろうか…
真山と理花さんが上手く行きそうだからなあ~
ちゅーか、も~あゆの葛藤がよくわかるよね、ホント。
どうなるにしてもお話は収束へと向かっているようです。
日々徒然 / 23:28


どのくらいの方が見て下さっているのか、ということも興味がありますが
どういう経緯でうちに来て下さったのか、が一番興味深いところです。

で、さきほど6月10日のログを見ていて発見してしまいました。

MAUハチクロ応援ブログ

そう、まさにこれなんですよ。私が5月31日『msb!』の記事で書いたことそのものです。
期間限定ということなのでいつまでオープンしているのか定かではないけれど
これを見るとハチクロの背景がすっごく良くわかります。
さすが…ムサビの公式だけあります…ふふふ。
今、ムサビの学生だったらすんごい楽しかろうな、テンションもさぞかしあがるだろう…
今の状態の私のまま(精神的にデスよ?)18歳に戻って
ムサビの一年生になりたーい!!(本心)
そんで今度こそデザインなんてつまんない科ではなく、
絵画とか、工芸とか、そう、あこがれの映像とかそう言う科に属したーい!
私に立体感覚さえ備わってれば建築とか、デザインだったら空間系を
是非やってみたい、今ならば。
も~あのころ『根っからのグラフィッカー』と称されるくらい
平面思想だった自分を呪ってます…
せめて映像科1本に絞るくらいの男気が私にあったならば…
後悔後悔後悔、大学に関してはそればっかし!!

ああ!しまった、またやってしまった…すいません、ネガティブで。
気を取り直しまして、
私ももう卒業してずいぶんたちますし、もうずーっと母校へ足を運んでいないので
とても懐かしい感じです。そっか~13号館、出来たんだ…
作ってるって言うのは例のmsb!でちらっと読んだけれども。
12号館(私らの頃は通称ロボット館)以上に近代的なんでしょうね~
ちなみに、1巻で森田さんがモーゼになってるとこ、あれロボ館の地下だよな、多分。
食堂はなかなか混むんですよねえ。ダッシュで行かないと。
2限サボってよくあそこでぼんやりしましたよ。レポートもやった。懐かしいな~
でもね、でもね、離れにある鷹の台ホールも結構居心地いいのです。
ただ茶を飲みながらよくうだうだしました。

あんまりハチクロと関係ないことばかり書いてしまいましたが
私がここまでハチクロに執着する理由の一端が垣間見えたかもしれません。
それにとうとうワタクシ、ハチクロカテゴリをもうけた上、
ハチクロの記事のトラバが二桁に載りました!
すごいな~ハチクロ~私がすごいんじゃない、ハチクロがすごい!
ってゆーか羽海野さんがすごい☆

…もうここまで好きになる漫画ってこの先無いかもしれない。
そう、思ってます。
ハチクロ / 00:32


そんなワケで今週も行きます。

浜美祭の準備から始まる今回のハチクロ。
私は不良美大生だったので芸祭には全く持って参加しませんでした☆
ぜんぜん威張れることじゃあございやせん、すみません!
でもああいう雰囲気はわかります。
ここで入るあゆのモノローグがまた切なくて、
そのあとのシーンがね…ああ。好きなんです。色々。
ここのシーンの森田さんは最っ高オトコマエ!!
森田さんがあゆを思う気持ちがすっごいいいよね!
今後のエピソードの中にも森田のあゆに対する
優しいおにいちゃんのような、先輩のような、
とても大好きなシーンがたくさん控えております。
真山もよく「山田がかわいい」って言ってるけど、
森田さんもやっぱりあゆがかわいいんだろうな。
しかも真山よりもさりげない!とにかくとてもいい、素敵。
あゆに対してもの森田さんがすんごく好きだ!!
そして、森田さんと言えば今週はなんといっても森田作小鳥ブローチ。
映像で見てもこの辺りの森田さんは素敵です…
はぐちゃんが見とれたのみを振るう後ろ姿は私もズギュンデス。
頭の悪い表現ですみません、でも、ああいう姿はほれますよねえ。
デザイン科の男子なんて全然トキメキないっすけど
彫刻科とか油の男子はそこはかとなくカッコイイデス。
まあ、そんな私の好みの話はどうでも良くって、
いつもわけのわからないことをしている森田さんが
たまに見せるああいう思いやりのあるところとか、
優しいところとかそう言うのに乙女はやられるんでしょうね。
(私は…私は…真山なので真山がヘタレなシーンがかなりアレですが…)
森田さんがすっごく素敵な感じで、あまりにも素敵なんで
竹本君のうじうじがものすごーくうじうじに感じでしまう。
けれど、そう言う弱いところをリアルに描いているのがハチクロだと思うんです。
恋愛漫画で女の子が恋愛に思い悩んでうじうじめそめそするのは
非常にありふれていますが、ハチクロでは
みんなが同じように悩んで、苦しんで、あがいてる。
男子だって恋愛するし、決してかっこいいもんじゃない。
みんなおんなじ。それが素晴らしいんですよ!
ああ、力説しちゃったい。

閑話休題。
Bパートのクリスマスエピソードもかなり忠実でした。
実は今原作を読んでまして、ちょうどchapter9のあたりを
読み終えたところでして手に取るように色々わかったんですが
これほどまでにシーンや台詞を忠実に作ってたんだと改めて感心いたしました。
今週の水曜日に発売されたテレビブロスのホーリーランドの記事に
この作品では常に原作が現場で携帯されていたに違いないと賞賛されてたんですが
ハチクロも絶対そうなんだろうなと思います。
浜田山商店街を盛り上げよう作戦のあたりはちょっと違うところもあったけど
竹本君@はぐマスターのあたりとかすごい忠実で。
あまりにも忠実で本当に感動を覚えました。
先日まで原作の内容おぼろげ状態で見てた時より感動ひとしおです。
このあとのクリスマスパーティーシーンの森田さんの
『ヨークシャチーズ!!』
は、違う台詞になっていた。やっぱりまずいのかな、アレは(笑)
ヨークシャチーズがものすごいインパクトだったので残念だったけど。
ここのシーン、いろんな思いが交錯しててすごく深いシーンですよね。

ああ、今週も良かった。
ここまでくるともう絶対に裏切られるような出来はないと確信できます。
DVD購入も決定です。この作品は絶対に保存版だと思う。
来週はハチクロお休みで寂しいですねー
水上バスのところすっごい好きなんですよ~
キリンに次いで好きなエピソードなのでたのしみです。
それにそろそろ登場するであろう藤原デザインの皆々様方、
早く見たい、すごく見たい、とにかく見たい!
けど、#10まですらも2週間待たねばならぬのか…くうっ

今日、YOUNG YOUを買い忘れてしまったので早く買わなくちゃです…
そろそろコンテニューも出るでしょう。毎日毎日ハチクロです。
でも、とてもとても幸せです…
ハチクロ / 01:04


やっぱり面白いっすよね、それにテレビ放送で5.1っていうのもいいし。
だからわざわざリビングの5.1システムで見てるんです。折角なので。
先週のトグサ君のお話も面白かったんだけど(トグサ君、いっつも巻き込まれ過ぎ(笑)
今週は少佐のお話。昨夜放送の『草迷宮』はちょっと面白かった。
1stシリーズでもたまにあったけれど、ああいう事件とあまり関係ない
9課の面々の話をたま~に上手いタイミングで挟んでくるので
飽きさせないと言うか面白いです。
2ndは押井監督も参加しているからなのかより硬派な感じがすると言うか
映画の攻殻に近い感じがすると言うか…上手い言葉が見つからないけど
しょっぱなから緊張感のある話がずっと続いて来てたところで
ふっとその緊張感が解けるような話だったと言いましょうか。
きっとあの少女の擬態の持ち主は多分素子なんだろーなーというのは
見た人すべてが感じることだと思うけれど、
一緒に飛行機事故にあった男の子は誰なんだろう…とまた興味が湧く。
大戦に出かけたあとは行方不明というのがまた伏線ぽい。
今後その男の子が登場するのか…ゆっくり日テレ版で見て行きたいと思います~

2ndのオリジナル版だと『草迷宮』は#11なんですよね。
しかし日テレ版では#10でした。ってことは何か省かれてんだ。
どっちにしろ攻殻難しくて1回じゃいつも良くわかんないから
そのうち2ndもDVDを借りて来てみる予定です。
…1stもVol.11以降まだ見てないんだよな~日テレでは見たけど
映像受信箱 / 15:19


だって…このゲーム、なかなか終わらないんだもの…
ゲームオーバーになればあきらめられるのに簡単だから
やってもやっても終わらない。30面まで行ったところで
セーブの方法を見つけ出して中断しましたが現在までの
世界ランキングの最高スコアは225面でした。
…なんっだ、そりゃ!!

え~全然関係ない話でした。
本題はこの秋公開の映画版『タッチ』について。
暇だったので文庫本のタッチのポップを最新情報に切り替えようかと
仕事中に情報収集しようと公式サイトに行きました。
で、3人以外のキャスティングを見たんですが~
南ちゃんのお母さんて原作に出て来ませんよね??
まずこれにびっくり。なぜいるんだ…?というくらいのびっくり。
あと、こんなキャラいないよね?オリジナルだよね?が目白押し。
若槻千夏の矢部ソノコって誰…?とか。
体操部の部長じゃあないよね?何かもう記憶があやふやで。
(…原作を最初から読み直すか~)
いや、若槻千夏をキャスティングするなら新田由加だろ!!と思ったり。
あとあと、私の『大好き』な柏葉監督の名前が無かったり!
柏葉英二郎は出ないの?出ないのぉ?!
あ、あとあと、同じく『大好き』な原田君がRIKIYAだったり!
RIKIYAと言ったら現在フジで放送中のドロドロ昼メロ
『危険な関係』のイメージが先行しすぎてなんかもう。よくわからない~

…長澤まさみの南ちゃんに関してはかわいいし、
何となくイメージがわくのですが何ともかんとも。
いかんともしがたい。どうしたもんか。
それに、カッちゃんは映画でもお亡くなりになるんでしょうか。
ちゅーかたった2時間の映画でどの程度まで描くんでしょうか。
ワンクールドラマのH2だって超ダイジェスト版みたいだったのに!
(そりゃH2の方が巻数が8巻分も長いんだけどさ)
この双子を本物の双子の斉藤兄弟にやらせるとして、
タッちゃんとカッちゃんの差が出過ぎちゃうんと思うんですが
それっていろんな意味で酷じゃないだろうか、とかいらぬ心配をしてしまいます。
まあ、映画館には行かないと思うけど…
原作好きとしてはどうなるのかまあ、生暖かく見守ろうと思います。




あ!それよりも何よりも一つどうしても言いたいことが!!
南風のマスターが宅麻伸っていうのは

絶対に違うと思う!!
映画 / 23:30


ハチクロライクなことに遭遇すると
すぐにブログへの話題に変換されてしまうので
いっそのことハチクロカテゴリを作ろうかと思っている私です。
さ~今週もリアルタイムde感想行ってみましょーか。

修ちゃんが研究旅行へ旅立ってみんなの中に
ちょっとした変化が起こってから数ヶ月。
ゆっくりと、それぞれがそれぞれの気持ちの持って行き方を
考え始めましたって言うのがcapter.8だと思うのです。
ハチクロの全体の中で一区切りついたあとの閑話休題って感じで
読者(視聴者)としても一息つける感じのお話ですよね。
しかしだからといって中だるんだりとかは全くなくて
竹本君のお誕生日で初お目見えする森田・作地獄のツイスターゲームなど
外さず笑える回です。原作でも十分面白かったけど
アニメはまた格別でした。今までアニメハチクロの中で
再現されて来たギャグの中でも最高の出来!
真山の読み上げるマニアックな色の数々がまた面白いんだよな~
一応私も美大を卒業していて、あまつさえパンキョーで
色彩学とかも取ってましたけどそれでも多分わかんないよ、あんなマニアックな色!
パーマネントイエローディープやらミネラルバイオレット…
いやぁ…色の名称としては知ってるけどそんな絵の具、使わないから!(笑)
恐怖のあまり楳図かずおテイストになる3人も良かったです。
アニメだと変化の過程が動いてるからより面白いですよね。

そんなテンション高めの前半パート、
そして主人公たちの気持ちの揺れ動きがよくわかる後半パート。
ストーキング真山がついに登場します(笑)

「女の子は恋をするときれいになるって言うけど男はだめだなあ」

っていう台詞がとても印象的なエピソードです。
そして、きっとこのあとも理花さんのマンションに足を運ぶであろう
真山を見送ったあと一人こっそり涙をぽろぽろと落としているあゆを
そっと見守る森田さん…やっぱり森田とあゆって線はあとから出てくる
野宮の存在がある以上、はぐちゃんがいる以上ないんだけど、
ないんだけど~私はこの二人はいいと思うんだけどなー…
それから、一人になるはぐちゃんのところへいてもたってもいられず
駆けつける竹本君にきゅーんとするのです…
私、真山ファンだけど一緒にいて一番安らぐのは絶対竹本君だと思うよ。
本当にさ、竹本君、がんばれ!!
…竹本君はね、内面的な部分で非常に私と近いものを感じるので
どーしても自分のことのように拳握りしめて応援してしまいたくなるのですよ。
ああ、今日も良かった。ハチクロって本当に素晴らしい。
漫画原作をアニメ化してこんなに毎回はずれない作品て今までに無かった!
去年1年楽しく見ていたモンキーターンだって出来は良かったと思うけど
やっぱり部分的にアニメになって不満だったところもあったんですよね。
しかしハチクロは今のところそれがほとんどない。
モンキーのアニメだって本当に出来はなかなか良かったと思うんですよ?
特に後半のモンキーターンVはかなり良かったし、
原作付きの中でもかなりいい出来だったと思うんですが
ハチクロは上回ったなー…スタッフの皆さんが
本当に大事に大事にアニメを作ってることがひしひしと伝わってくるのです。
いいスタッフに恵まれたなあ、アニメハチクロは…

さてー来週はことりブローチの回ですか…
この辺りからまたがーーーーっと盛り上がるからなー
ここまでくると今後も絶対私たちディープなファンの期待も
きっと裏切らずに完成度の高いもの作ってくれるだろうと
ますます期待します。よろしくお願いします!

ハチクロ / 01:04



 + 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。